ルノー カングージャンボリー、過去最多1501台が集結

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ルノー カングージャンボリー2014
  • ルノー カングージャンボリー2014
  • ルノー カングージャンボリー2014
  • ルノー カングージャンボリー2014
  • ルノー カングージャンボリー2014
ルノー・ジャポンは、『カングー』を始めとする多くのルノー車が全国各地から集結するイベント「ルノー カングージャンボリー2014」を5月18日、「山中湖交流プラザ・きらら」で開催した。

ルノー カングー ジャンボリーは、2009年にスタートした、カングーオーナーのためのファンミーティング。富士山をのぞむ、山中湖の広大な会場に、全国各地からカングーや、ルノー車が集まる。今回の「ルノー カングージャンボリー2014」では、北は東北、南は九州まで全国各地からクルマが大集合。カングーが887台、ルノー カングー以外のルノー車222台、ルノー車以外が392台の合計1501台もの来場台数と3000名以上の来場者が山中湖交流プラザ・「きらら」に集結し、過去最大規模での開催となった。

当日会場では、ルノー カングーやその他ルノー車のオーナーや一般の人も楽しめる様々な催しを実施。カングーエリアでは、様々なボディカラーやオーナーの個性、ライフスタイルによってカスタマイズされたカングーが並び、オーナーによるフリーマーケットなどを楽しみながら、一台一台異なるカングーを多くの来場者が見て回っていた。

メイン会場では、様々な企業によるマルシェや多様な料理が楽しめるキッチンカーが登場。また、限定車『ルーテシア パックスポール』のお披露目や豪華景品があたる抽選、大道芸など様々なステージイベントが催され、大きな盛り上がりをみせた。

ルノー・ジャポンでは、今後も現在実施中の「カングー フレンチキャラバン」を中心に継続的にカングーの魅力を全国にむけて発信していく。
《纐纈敏也@DAYS》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品