新旧名車が筑波サーキットに勢揃い…オールドナウ・カーフェスティバル

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

5月5日、茨城県の筑波サーキットで「コカ・コーラ オールドナウ・カーフェスティバル」が開催された。同イベントは、1986年から始まり今年で28年目を迎える。

当日は朝から時折雨が降るあいにくの天気となったが何とか持ちこたえ、会場は子どもから中高年まで多くの来場者で賑わった。メインコースの“コース2000”では、今年25周年を迎え、次期モデルにも注目の集まるマツダ 『ロードスター』のワンメイクレース「ロードスター・パーティレース2」や、今年から新たにスタートした「JAF筑波サーキットトライアル選手権 第1戦」が行われた。また、「フェラーリ・カップ」では『430チャレンジ』や『458チャレンジ』などが出走し、パワーやコーナリング、それぞれの特徴を活かしながら疾走。1500ccのフォーミュラカーによる「JAF筑波スーパーFJ選手権」では、ミドルフォーミュラへのステップアップを目指す若手ドライバーたちが熱戦を繰り広げた。

さらに、トヨタ『2000GT』やマツダ『コスモスポーツ』のデモラン、ポルシェやロータスのサーキットランなども実施。1967年から1972年に製造された往年の名車が、十数台も一斉に走行する景色は圧巻だ。『エスプリS2』や『ヨーロッパS2』などが駆け抜けたロータス、国内外の新旧ヒストリックカーによるスポーツランも、観客の注目を集める。1950年代から現代までのポルシェ100台も集合し、会場に華を添えた。

その他、エンドレスプロジェクト、ワークなどアフターパーツメーカーやミニカーショップ、CG CLUBなどブース出展も充実。レスポンス&e燃費ブースでは、先日行われたe燃費アワードのパネルと共に、テスラ『モデルS』と日産『リーフ NISMO RC』を展示。オーバルコースではモデルSの試乗会を開催した。

一方、サーキット中央の芝生スペースには、特設イベントステージやカーモチーフの巨大滑り台が設置された。人気の戦隊キャラクター「トッキュウジャー」の登場には、場内から歓声が上がる。スロットカーや縁日コーナーも用意され、子どもの日の主役たちはサーキットパフォーマンスと合わせて存分に楽しんだ様子だった。
《吉田 瑶子》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

    ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  2. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  3. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

    女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  4. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  6. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  7. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  8. 【ルマン24時間 2016】1966年優勝の フォードGT、フルレストア

  9. ダッジ バイパー ばかり、買いも買ったり79台…米国の夫妻が話題に

  10. 1200馬力対決! フルチューンの GT-R vs ブガッティ ヴェイロン[動画]

アクセスランキングをもっと見る