【トヨタ ヴィッツ 改良新型】渋谷が突然ダンスの渦に…ダンディ坂野も“ゲッツ!”

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

トヨタ自動車は、新型『ヴィッツ』の発表に伴い、東京・渋谷にて『Vitz Happy Footwork計画』と称したイベントを行った。

マルイシティ渋谷のイベントステージにて、ダンサーのパフォーマンスが行われ、周りにいたスタッフや見学者も突然一緒に踊り出すという、近年世界で流行を見せる、いわゆる「フラッシュモブ」。

そのパフォーマンス集団の中に芸人のダンディ坂野さんも参加、ステージにはモデル・タレントとして活躍をする中村アンさんが登場、ダンスパフォーマンス最後に2人で、ダンディ坂野さんのギャグ『ゲッツ!』のポーズでフラッシュモブを締めた。

渋谷パルコパート1に設置された特設ステージにてトークイベントが行われ、「Vitz Happy Footwork隊 隊長」として中村アンさんが登場。中村アンさんのかけ声により、新型ヴィッツのテーマ「Run.こころ はずむ まいにち」を表現し、新色ルミナスイエローに塗られた「Yellow SneaCar」がアンベール。その中からダンディ坂野さんが登場。

こころがはずみ新型ヴィッツに乗って出かけるならば、ダンディ坂野さんは「家族と一緒に海や山に行きたい、乗ってこころはずむ体験をしたい」、中村アンさんは「ヴィッツに乗ってフットワーク軽く遠くまでドライブしたい、サファリパークに行きたい」と答えた。

また、新色ルミナスイエローについて、中村アンさんは「太陽みたいで気持ちが明るくなる」、ダンディ坂野さんは「カッコイイ、自分の衣装も黄色で勝負を感じられる」と回答。最後に2人による『ヴィッツをネッツでゲッツ!』の決めポーズで締めくくった。

プロモーションを担当した、トヨタマーケティングジャパンの角田紀子さんによると「新型ヴィッツはフットワークや燃費も良くなりました。また、新色ルミナスイエローのヴィッツに乗ると、キャッチフレーズの通り、思わず“こころはずむまいにち”が始まり、新しいことを始めたくなるはずです」ということで『こころはずむまいにち・Happy Footwork計画』と言うキャンペーンを始めたという。

また、ヴィッツはネッツ店で販売するということもあり、「ヴィッツをネッツでゲッツ!」と言う合い言葉がピッタリはまったのでダンディ坂野さんを起用したそうだ。
《雪岡直樹》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品