ホンダ、防災向け低圧LPガス発電機を開発 …1.5kVAの発電可能

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、停電などの非常時にプロパンガスを用いて1.5kVAの発電が可能なポータブル発電機「EU15iGP」を新たに開発し、6月よりLPガス機器事業者に向けて供給を開始する。

新製品は、燃料にガソリンを用いる既存のインバーター搭載発電機「EU16i」(定格出力1.6kVA)をベースに開発。広く一般家庭のガス機器で使用され、放置劣化が少ないプロパンガスを燃料とした低圧2LPガス発電機で、正弦波インバーターの搭載により、商用電源と同等の安定した出力を実現する。

冬場や夜間といった低温環境での使用にも対応。非常時に使用者がワンタッチで接続して簡単に使用することができる。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品