人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ホンダ、新型CBR250R を発表…レプソルカラーの特別仕様も設定

モーターサイクル 新型車

ホンダは、ロードスポーツモデル『CBR250R』の外観を一新するとともに、エンジンの最高出力を高め、4月24日に発売。また、MotoGPで活躍している「レプソルホンダ」のカラーリングを施した『CBR250R ABS スペシャルエディション』を5月20日に発売する。

CBR250Rのスタイリングは、二眼タイプのヘッドライトを採用し、よりスポーティーなフロントフェイスとしている。また、フロントカウル、ミドルカウル、テールカウル、サイドカバーのデザインを一新。さらに、燃料タンクとスクリーンの形状を変更することで、精悍なイメージを高めている。このほか、シートとサイドカバーをスリムな形状として、足着き性の向上を図っている。

エンジンは、吸気系のインレットダクトとコネクティングチューブの形状と、バルブタイミングを変更することによって、低・中速域のトルクをキープしたまま、最高出力を従来モデル比で2ps高い29psを実現している。なお、60km/h定地走行テスト値では、従来モデルに比べ、0.9km/リットル高い50.1km/リットルの良好な燃費性能も実現。新形状のステンレス製マフラーは、上質感とスポーティー感を高め、スタイリッシュな外観にも寄与している。

車体色は、CBR250RはABSタイプも含めて、トリコロールイメージのロスホワイト、鮮やかなミレニアムレッド、精悍なブラックの3色を設定。CBR250R ABS スペシャルエディションは、MotoGPで活躍しているレプソル・ホンダのカラーリングをイメージしたナイトリックオレンジ1色の設定。ホイールにも専用のオレンジカラーを採用するなど、レーシングイメージにあふれたモデルとしている。

価格はCBR250Rミレニアムレッドとブラックが49万8960円、同ロスホワイトが51万5160円。ABSモデルのミレニアムレッドとブラックが54万9720円、ロスホワイトが56万5920円。スペシャルエディションが57万6720円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  2. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…Team KAGAYAMAは浦本が絶好調

  3. 中学生のマイナー競技にもスポットライトを...馳浩文科相

    中学生のマイナー競技にもスポットライトを...馳浩文科相

  4. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…F.C.C. TSR Hondaは世界耐久タイトルねらう

  5. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  6. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  7. 【夏休み】スマイル・オン…女性白バイ隊&女性ライダーでパレードなど

  8. 軽二輪車中古車販売台数、3年連続マイナス 2016年上半期

  9. 限定5万台を実質棚上げ 応募殺到でキャンペーン継続中...二輪車ETC助成

  10. 【バイクの日】秋葉原で車両展示やアニメ「ばくおん!!」ステージ

アクセスランキングをもっと見る