国際宇宙ステーションISSにドッキング成功の55P、宇宙食や衣類、酸素を補給

宇宙 科学

JAXAは、参加する国際宇宙ステーション(ISS)プロジェクトでのプログレス補給船 55PがISSへのドッキングに成功したと発表した。

この補給フライトは、ロシアのプログレスM-23M補給船(55P)を打ち上げ、国際宇宙ステーションISSの「ピアース」(ロシアのドッキング室)に無人でドッキングさせるミッションであり、ISSへ向かう55機目のプログレス補給船になる。

55Pは、バイコヌール時間2014年4月9日午後9時26分(日本時間2014年4月10日午前0時26分)にロシアのソユーズロケットにより、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、約6時間後の日本時間4月10日午前6時14分にISSへのドッキングに成功した。

55Pフライトでは主に補給品として、飲料水、補給用推進剤、酸素をISSに運ぶともとに、積み荷として食糧(米国、ロシアの宇宙食)、長期滞在クルー用の衣服、衛生用品、家族からの手紙など、実験ペイロード、交換修理品、予備品などを運ぶ。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  3. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  4. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  5. 115億光年彼方に巨大銀河誕生の現場を発見…東大などの国際研究チーム

  6. 国立天文台など、太陽系外惑星「K2-28b」を発見…地球の2.3倍、170光年先

  7. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

  8. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  9. 通信速度200GB/秒の光通信衛星網、2017年打ち上げへ

  10. JAXA、ジオスペース探査衛星「ERG」の打ち上げを2016年度に先送り

アクセスランキングをもっと見る