人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【三菱 ランエボ 生産終了】ベース車一新、ついに280ps到達…4代目[写真蔵]

自動車 ビジネス 国内マーケット

3月末、三菱のスポーツカー『ランサーエボリューション』の生産終了が報道された。1992年の初代登場から20年あまり。WRC制覇など輝かしい足跡を残したランエボの歩みを写真で紹介する。

4代目(IV)の登場はIIIの登場からおよそ1年半後の1996年8月。ベース車の『ランサー』が1995年の10月にフルモデルチェンジを受けたことからランエボのベースも新型に切り替わった。

エンジンは従来型を踏襲する4G63型だが、ピストンの鍛造化やターボチャージャーをツインスクロールするなど改良を施し、ついに自主規制値の280psに到達。トルクに至っては従来比4.5kgmの上乗せを実現し36.0kgmとなった。

メカニズム面では「アクティブ・ヨー・コントロール」(AYC)と呼ばれる、いまでいうトルクベクタリング機構を採用したことが新しい。コーナリング時に、後輪左右の駆動力を変化させることで狙い通りのラインをトレースさせるもので、ホンダがFF車(『プレリュード』)に同様の機能を持たせた「ATTS」をランエボIV発表直後(96年10月)に発表している。

ランエボIVのボディサイズは全長4330mm・全幅1690mm・全高1415mmと依然コンパクトだが、重量はRS/GSRともにおよそ100kg増加し、RSで1260kg、GSRで1350kgとなった。

WRCでは97年の初戦から98年の緒戦4戦の合計18戦に投入され、6勝を挙げた。97年も前年に引きつづきトミ・マキネンがドライバーズタイトルを獲得したが、コンストラクターズではスバルの後塵を拝し、打倒『インプレッサ』に向けて「V」の開発が進められることになる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

    【ホンダ NSX 新型】米国で21台を納車 7月

  2. 三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

    三菱自、アウトランダー の中国現地生産を開始

  3. ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

    ランボルギーニ青山、エアロダイナミックキット装着の ウラカン を展示…9月3日・4日

  4. 日本車初期品質、ブランド別でトヨタがトップ…JDパワー

  5. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  6. 【Amanekチャンネル】1kmメッシュ気象警戒予測情報の提供開始…日本初

  7. 巨大電池工場「ギガファクトリー」…テスラが開業

  8. 日本代表選手4人が「イチローが嫌い」 という理由[映像]

  9. 三菱自の燃費不正対象車両、検索システムで一部リスト漏れ

  10. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

アクセスランキングをもっと見る