人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

輸入車販売、VWがトップ、2位メルセデスベンツは4割増…2013年度ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット

日本自動車輸入組合が発表した2013年度(2013年4月~2014年3月)の輸入車ブランド別新車販売台数によると、フォルクスワーゲン(VW)が、前年度比25.2%増の7万2157台となり、14年連続で輸入車シェアトップとなった。

2位はメルセデスベンツで、同39.5%増の5万9774台。3位BMWは同20.7%増の5万0256台だった。上位3ブランドは昨年度と同じ順位だったが、大幅に販売実績を伸ばした。

そのほか、アウディ、ボルボ、MINI、フィアット、トップ10に入った外国メーカー車はすべてプラスとなった。

2013年度の輸入車ブランド別販売台数ランキング上位10ブランドは以下の通り(カッコ内は前年度比)。

1位:フォルクスワーゲン 7万2157台(25.2%増)
2位:メルセデスベンツ 5万9774台(39.5%増)
3位:BMW 5万0256台(20.7%増)
4位:日産 3万3123台(13.5%減)
5位:アウディ 3万0222台(20.0%増)
6位:ボルボ 1万8233台(29.7%増)
7位:MINI 1万7163台(7.9%増)
8位:トヨタ 1万6329台(8.8%減)
9位:三菱 9771台(45.7%減)
10位:フィアット 8357台(54.3%増)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  5. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  6. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  7. アウディ ジャパン、サブブランド「Audi Sport」導入を発表…Audi Sport Storeも展開

  8. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  9. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  10. 搭載車両、続々! 新カーオーディオ・システム、クラリオン「フルデジタルサウンド」の音と魅力

アクセスランキングをもっと見る