【東京モーターサイクルショー14】台湾生まれのヘルメットワイパー、梅雨に向けて売り込みを | レスポンス(Response.jp)

【東京モーターサイクルショー14】台湾生まれのヘルメットワイパー、梅雨に向けて売り込みを

モーターサイクル エンタメ・イベント

ありそうでなかった商品の一つにヘルメット用のワイパーがある。そんな商品を「東京モーターサイクルショー」に出展したのがNプロジェクト(本社・神奈川県横浜市)だ。

「3年ほど前に台湾のメーカーがつくったもので、うちが日本に輸入して販売しています。何かインパクトのある商品を探していたら、これを見つけたんです」と同社関係者は話す。性能はいいそうで、土砂降りの時以外は視界が良好で、「実際つけた走ったら、非常に見やすかったし、ワイパーも邪魔に感じなかった」(同社関係者)とのことだ。

価格は7300円。半年前から国内で販売しているが、オフシーズンということもあり、月に3~4個しか売れなかった。しかし、これから本格的なバイクシーズンに入るため、「4月からが勝負。販売活動を本格的に行って、販売数量を伸ばしていきたい」と同社関係者は熱く語る。

単三電池4本で10時間稼働し、シールドの開閉に合わせてワイパーアームが移動する。ヘルメットへの装着も吸盤で行うので、非常に簡単だ。雨の日にこれをつけた走ったら、バイク仲間の注目を浴びるのは間違いないだろう。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品