電動バイクでパイクスピーク参戦、発表をファンの前で...初音ミクのチームMIRAI | レスポンス(Response.jp)

電動バイクでパイクスピーク参戦、発表をファンの前で...初音ミクのチームMIRAI

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

初音ミクをまとったEVマシンでTTレースを戦ったチームミライ(TEAM MIRAI)が、一般参加者を募って2014年の米国パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムへの参戦発表を行う。

同チームは「株式会社MIRAI」(愛知県一宮市)の代表を務める岸本ヨシヒロ氏が率いる日本の電動バイクチームの草分け的存在だ。

岸本氏は2011年に、日本で初めて英国王室属領のマン島TTレースで、チームプロッツァ(Team Prozza)のプロジェクトリーダーとして、電動バイクレースに初参戦。その後、MIRAIを立ち上げ、13年までの3年間、TTレースゼロ・チャレンジクラス(TT ZERO Challenge)に挑戦し続けた。

しかし、昨年のTTレースで、岸本氏はライダーとして共に挑んだ大事なパートナーである松下ヨシナリ選手を失う。松下氏は13年の同レースで別のクラスにも出場予定で、その練習中に亡くなったのだ。チームMIRAIは、イアン・ロッカー選手を起用し戦ったが、ロッカー選手も昨年で引退している。チームMIRAIは岐路に立たされていた。

チームの転機になったのは、米国パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムの動きだった。同レースは14年から「Electric Modified Motorcycle Class」を新設。チームMIRAIは新たにこの電動バイククラスにチャレンジする。

参戦発表は東京アニメセンター(千代田区外神田4・秋葉原UDX)で、24日19時から開催される。14年参戦予定のニューマシンを展示。13年のレース参戦状況を追ったドキュメンタリー上映会なども予定されている。入場は無料だ。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品