人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ボルボ、ドライバーの疲労状態を検出するセンサーを研究

自動車 テクノロジー 安全

ボルボは、ドライバーの疲労状態を検出するセンサー技術の研究を進めていると発表した。

同技術は、ダッシュボード上のドライバーの目の前に取り付けられたセンサーを使用。赤外線を発する小型LEDがドライバーを照らし、センサーが目の動きを検知する。なお赤外線は不可視光線のため、運転中のドライバーの目には見えない。

センサーからの情報でドライバーの状態を推測し、ドライバーの状態に合わせて車を最適な状況にコントロールすることで、より緻密な安全運転支援システムを実現。ドライバーの注意力低下時における走行車線からの逸脱防止、前方車両へ近づき過ぎることの防止、居眠り運転の防止などに役立つ。さらに、ドライバーの視線の向きに応じて、車室内の照明やヘッドライトの向きを調節することや、運転席でハンドルを握る個人を特定することで、自動的にシートの調整を行うことも可能になるという。

ボルボでは、同技術をテスト車両に搭載。ドライバーの疲労や注意力の低下を検出する効果的な方法を確立するために、スウェーデンのチャルマース工科大学とボルボABを含むパートナーとともに研究開発を行っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 【ユーロNCAP】スバル レヴォーグ、最高評価の5つ星

    【ユーロNCAP】スバル レヴォーグ、最高評価の5つ星

  2. “自動運転”は夢物語ではない…ZFの技術が実現する未来の車社会とは

    “自動運転”は夢物語ではない…ZFの技術が実現する未来の車社会とは

  3. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  4. ZMP、車載開発向けプラットフォーム DRIVE PX2 の取扱開始…周囲の状況を把握

  5. タカタ製エアバッグのリコール、ホンダの修理完了率は4割…米国

  6. ジープ レネゲード、米国でリコール…トレーラー牽引装置に不具合

  7. 車内でもハイレゾ音源を…話題沸騰中の Clarion『Full Digital Sound』 はメインストリームとなるか

  8. ZMP、カルガモ運搬する台車型ロボットの出荷を開始

  9. 日立オートモティブと茨城大学、自動運転技術で共同研究…人文学部とも連携

  10. クラウド連携、自動運転専用ECUのプロトタイプ開発も…オール日立の取り組み

アクセスランキングをもっと見る