ボルボ、ドライバーの疲労状態を検出するセンサーを研究

自動車 テクノロジー 安全

ボルボは、ドライバーの疲労状態を検出するセンサー技術の研究を進めていると発表した。

同技術は、ダッシュボード上のドライバーの目の前に取り付けられたセンサーを使用。赤外線を発する小型LEDがドライバーを照らし、センサーが目の動きを検知する。なお赤外線は不可視光線のため、運転中のドライバーの目には見えない。

センサーからの情報でドライバーの状態を推測し、ドライバーの状態に合わせて車を最適な状況にコントロールすることで、より緻密な安全運転支援システムを実現。ドライバーの注意力低下時における走行車線からの逸脱防止、前方車両へ近づき過ぎることの防止、居眠り運転の防止などに役立つ。さらに、ドライバーの視線の向きに応じて、車室内の照明やヘッドライトの向きを調節することや、運転席でハンドルを握る個人を特定することで、自動的にシートの調整を行うことも可能になるという。

ボルボでは、同技術をテスト車両に搭載。ドライバーの疲労や注意力の低下を検出する効果的な方法を確立するために、スウェーデンのチャルマース工科大学とボルボABを含むパートナーとともに研究開発を行っている。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品