ボルボ、ドライバーの疲労状態を検出するセンサーを研究

自動車 テクノロジー 安全

ボルボは、ドライバーの疲労状態を検出するセンサー技術の研究を進めていると発表した。

同技術は、ダッシュボード上のドライバーの目の前に取り付けられたセンサーを使用。赤外線を発する小型LEDがドライバーを照らし、センサーが目の動きを検知する。なお赤外線は不可視光線のため、運転中のドライバーの目には見えない。

センサーからの情報でドライバーの状態を推測し、ドライバーの状態に合わせて車を最適な状況にコントロールすることで、より緻密な安全運転支援システムを実現。ドライバーの注意力低下時における走行車線からの逸脱防止、前方車両へ近づき過ぎることの防止、居眠り運転の防止などに役立つ。さらに、ドライバーの視線の向きに応じて、車室内の照明やヘッドライトの向きを調節することや、運転席でハンドルを握る個人を特定することで、自動的にシートの調整を行うことも可能になるという。

ボルボでは、同技術をテスト車両に搭載。ドライバーの疲労や注意力の低下を検出する効果的な方法を確立するために、スウェーデンのチャルマース工科大学とボルボABを含むパートナーとともに研究開発を行っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  2. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

    ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  3. 渋滞回避がより的確に…約20年ぶりの新サービス「VICSワイド」とは

    渋滞回避がより的確に…約20年ぶりの新サービス「VICSワイド」とは

  4. ナビタイム、トラック専用カーナビアプリの規制情報考慮範囲を全国に拡大

  5. ユピテル、500万画素CMOS搭載の高性能ドライブレコーダーを発売

  6. ユピテル、レーダー探知機 SUPER CAT A710 発売…新小型オービス対応のタッチパネルモデル

  7. 【官能カーオーディオ!】純正プレミアムオーディオ検証! スバル アウトバック「ハーマンカードン」の実力は

  8. 【IIHS衝突安全】シボレー スパーク に最高評価…ミニカーカテゴリーで唯一

  9. 【WTP2015】日本の自動運転の実現に欠かせない、準天頂衛星「みちびき」

  10. アルパイン、大画面ナビ「ビッグX」が世界最大となる11型液晶を搭載…アロマも装備

アクセスランキングをもっと見る