ウィリアムズF1、2014年マシンにセナの顔写真…没後20年

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ウィリアムズF1の2014年型マシン、FW36のノーズに添えられたアイルトン・セナの顔写真と追悼メッセージ
  • ウィリアムズF1の2014年型マシン、FW36のノーズに添えられたアイルトン・セナの顔写真と追悼メッセージ
F1参戦中のウィリアムズ。2014年シーズンのマシンには、アイルトン・セナの顔写真が添えられることになった。

これは3月7日、ウィリアムズが明らかにしたもの。「2014年型F1マシン、『FW36』に、アイルトン・セナの顔写真と追悼メッセージを添える」と発表している。

2014年は、アイルトン・セナが死去して20年の節目を迎える。アイルトン・セナは1994年5月1日、イタリアのイモラサーキットで開催されたサンマリノグランプリにおいて、300km/h以上でコンクリートの壁に激突。帰らぬ人となった。

この事故当時、アイルトン・セナは、ウィリアムズのマシンに乗っていたことから、ウィリアムズは事故以来、アイルトン・セナを意味する「S」のロゴをマシンに掲げ、F1を戦ってきた。

今シーズンは、セナの没後20年にあたることから、このロゴを一新。FW36のフロントノーズには新たに、アイルトン・セナの顔写真とともに、「AYRTON SENNA SEMPRE」(SEMPREはポルトガル語でALWAYSの意味)という追悼メッセージが入る。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

    【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

  2. オーナーズイベントにフェラーリ、ランボルギーニ200台以上が集結…富士スピードウェイ

    オーナーズイベントにフェラーリ、ランボルギーニ200台以上が集結…富士スピードウェイ

  3. 【スーパーフォーミュラ 第2戦】雨でセーフティカー先導走行だけの決着に…石浦宏明が今季初勝利

    【スーパーフォーミュラ 第2戦】雨でセーフティカー先導走行だけの決着に…石浦宏明が今季初勝利

  4. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『ADVAN GAL』

  5. 【新聞ウォッチ】マツダ、ハンドルのふらつきを自動調整する新技術に注目

  6. 浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

  7. 懐かしの英国車など60台が集結…横須賀ヒストリックカーデイ2nd

  8. 【F1 モナコGP】ダニエル・リチャルドが初のポールポジションを獲得

  9. 日産×三菱提携が生む新車を大予想…ベストカー2016年6月26日号

  10. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『GAINER Sucre』

アクセスランキングをもっと見る