BMW グループ、カーボンファイバー製ホイールを実用化へ

自動車 ビジネス 企業動向

BMW のCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製ホイール
  • BMW のCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製ホイール
  • BMW のCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製ホイール
  • BMW のCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)+アルミ製ホイール
自動車の軽量化を図る素材として、注目のカーボンファイバー。ドイツの高級車メーカー、BMWグループが近い将来、カーボンファイバー製のホイールを実用化することが分かった。

これは2月20日、BMWグループがドイツでメディア向けに開催した「イノベーションデイズ2014」において、明らかにしたもの。同社は、「近い将来、BMWとMINIに、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製ホイールを用意する」と発表している。

2011年9月、BMWグループとSGLの合弁会社、SGLオートモーティブ・カーボン・ファイバーは、ドイツ・モーゼスレイクに軽量素材のCFRPを製造する工場を開設。このCFRPは、BMWグループの市販車、『i3』などに順次採用されてきた。

ドイツ・ヴィースバーデンに本社を置くSGLグループは、炭素ベースの製品を生産する世界有数のメーカー。炭素・黒鉛製品、カーボンファイバー、複合素材など、幅広い商品を手がけている。

2月20日のBMWグループの発表では、ホイール以外にも、シートの骨格、インパネのフレームにCFRPを使用する計画。また、ホイールに関しては、CFRPとアルミの複合素材のタイプも開発中だ。

CFRPはアルミよりも約30%軽く、一般的なスチールに対しては、およそ50%軽量なメリットがある。BMWグループは量産効果でコストを引き下げ、CFRP製部品の拡大展開を図る構え。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

    富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  3. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

    【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  4. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  5. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  6. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  7. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. キャンピングカー旅行中の食事はどうしてる? 日本RV協会が調査

  10. アウトモビリ・ランボルギーニ、イタリア本社のミュージアムをリニューアル

アクセスランキングをもっと見る