パナソニック、ロボット技術を応用した介護機器の世界初となる国際規格取得を発表 | レスポンス(Response.jp)

パナソニック、ロボット技術を応用した介護機器の世界初となる国際規格取得を発表

自動車 ビジネス 企業動向

パナソニックは2月17日付けで、ロボット技術を応用した離床支援用の同社の介護機器『リショーネ』が国際規格ISO13482に基づく世界初の認証を取得したと発表した。今回の認証は、日本品質保証機構(JQA)がISO13482に基づいて同社のリショーネの安全性を評価したものだ。

リショーネは、電動ケアベッドと電動リクライニング車いすを融合したロボット介護機器で、一人の介護者だけでベッドから車いすへの乗り移りを楽に行うことができる、という。

リショーネが認証を取得したISO13482は、生活支援ロボットの安全性に関する唯一の国際規格として本年2月に国際標準化機構(ISO)から発行されたものだ。

今回は家電業界の認証取得となったが、今後、自動車業界でも介護用車両にISO13482の取得が広がることが予想される。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品