暴走族の減少傾向続く、構成員数は7000人を割り込む…警察庁調べ

自動車 社会 社会

警察庁交通指導課は2月14日、2013年の暴走族の動向および検挙状況を発表した。

2013年の暴走族構成員数は前年比5.0%減の6933人、グループ数は同16.6%減の327となっている。

暴走族のグループ数および構成員数は、減少傾向にあり、10年前と比較すると構成員数、グループ数ともに約3分の1となっている。

また、い集(多くの車両が寄り集まること。「い」は虫偏に「胃」)・走行回数は同9.2%減の3011回、参加人員も同15.0%減の2万4508人と大きく減少している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  2. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  3. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

    熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  4. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  5. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  6. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  7. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  8. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  9. 走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

  10. 飲酒運転で衝突事故を起こした男、酒を飲んだ場所の記憶なし

アクセスランキングをもっと見る