【ジュネーブモーターショー14】ホンダ、シビック タイプRコンセプト を出展

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダは、3月4日からスイスで開催される「ジュネーブモーターショー」に、欧州向け『シビック タイプRコンセプト』を出展する。

同コンセプトモデルは、欧州向け「シビック(5ドア)」をベースに、より高い走行性能を持つスポーツモデルとして目下開発中の『シビック タイプR』のデザイン方向性を示すもの。

シビック タイプRは、新世代パワートレイン技術群「アース・ドリームス・テクノロジー」の一つとして開発中の2リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載。加速性能、ハンドリング、燃費性能を高次元で両立したモデルとして、2015年に欧州での発売を予定している。

このほか、2014年FIA世界ツーリングカー選手権に参戦する「シビック WTCC」の2014年型マシンや、欧州では初出展となる燃料電池電気自動車のコンセプトモデル「FCEV コンセプト」などを出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品