ヤマハ発動機「MT-09」を発売…異種交配造形で「意のままに操れる悦び」を実現

モーターサイクル 新型車

ヤマハ発動機は、クロスプレーン・コンセプトに基づいて開発した水冷・4ストローク・直列3気筒・846ccダウンドラフト吸気FIエンジンを搭載した「MT-09」と、ABS標準装備した「MT-09A」を4月10日から発売すると発表した。

「MT-09」と「MT-09A」は「Synchronized Performance Bike」をコンセプトに開発されている。日常の速度域で乗り手の意思とシンクロする「意のままに操れる悦び」を目指して開発した。

クロスプレーン・コンセプトに基づき開発されたリニアな特性を備える3気筒エンジンは、バルブ挟み角を26.5度(吸気13度+排気13.5度)と狭く設定されている。これによりコンパクトな燃焼室を形成し、素早い燃焼による高トルクを引き出す。

燃料供給には、YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)を採用。軽量アルミ鍛造ピストン、振動低減を図るバランサー、トルク特性に貢献する不等長吸気ファンネルなどとの相乗効果で高い走行性と低燃費を両立する。ライダーの好みや走行状況に応じて制御マップを3種から選択できるD-MODEを採用した。

排気系は、エキゾーストパイプと3段膨張構造サイレンサーを一体成形した3into1タイプ。排気効率、消音効果だけでなく、マス集中化による軽快なハンドリングに貢献する。エキゾーストパイプには、変色や錆、汚れ付着の抑止効果のあるナノ膜コーティング処理を施した。

剛性バランスに優れ、個性的なボディを形作る軽量アルミダイキャスト製フレームを採用した。軽量で強度バランスに優れたアルミ製テーパーハンドルを採用した。前後約400mmのメインシートは、タンデム側との段差が少なく自由度のある乗車姿勢を可能としている。シート前端は、マン・マシン一体感を演出するため、グリップ性とフィット感に優れるフロステッドパターンの表皮を採用する。

マスフォワードシルエットによる自由に操れる軽快感、どんな方向にも動きやすい「塊」を連想させるマス集中感など、ネイキッドとスーパーモタードをハイブリッドさせた異種交配造形のデザインに仕上げた。

販売計画は年間1500台。価格はMT-09が84万9960円、MT-09Aが89万9640円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

    ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  2. OGKカブト、レーシングモデル RT-33 に新グラフィックを追加

    OGKカブト、レーシングモデル RT-33 に新グラフィックを追加

  3. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

    カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  4. ”走る宝石”MVアグスタ をレンタルする…レンタル819

  5. ヤマハのデザインコンセプト「GEN」に新モデル…人と人を結ぶモビリティ

  6. 【リコール】ヤマハ YZF-R3A など1万5000台、クラッチやオイルポンプに不具合

  7. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  8. ヤマハ、大型ツアラー FJR1300 を大幅改良…6速ミッション採用など

  9. ホンダ PCXシリーズに特別カラーのスペシャルエディション…受注期間限定で発売

  10. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

アクセスランキングをもっと見る