ホンダ、新型CBR1000RR を発表…エンジン仕様変更で5psアップ、SPモデルも用意 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ、新型CBR1000RR を発表…エンジン仕様変更で5psアップ、SPモデルも用意

モーターサイクル 新型車

ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』のエンジンと車体各部の仕様を変更し、2月14日に発売する。

また、CBR1000RRをベースに、車体の軽量化や専用サスペンションを採用することなどで、スポーツ性能を高めた『CBR1000RR SP』を受注生産モデルとしてタイプ追加、同じく2月14日に発売する。

CBR1000RRは、エンジンの吸・排気ポートの形状を変更することで、従来モデルに比べて5ps高い123psの最高出力を実現。また、新形状のウインドスクリーンを採用することで空力性能を高めるなど、各部の熟成を図っている。なお、スーパースポーツモデル用として世界で初めて採用した電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定した。

CBR1000RR SPは、「The Edge of CBR」を開発のキーワードに、スポーツライディングの楽しみを追求したモデル。一人乗り専用設計とするとともに、前・後サスペンションにオーリンズ社製を、フロントブレーキキャリパーにはブレンボ社製を採用している。また、車体の挙動をより感じられる専用シートや、軽量化したシートレールなど、各部を特別な仕様としているほか、電子制御式コンバインドABSを標準装備している。

価格はCBR1000RRが142万8000円から162万7500円、SPモデルが197万4000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品