人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ホンダ、新型CBR1000RR を発表…エンジン仕様変更で5psアップ、SPモデルも用意

モーターサイクル 新型車

ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』のエンジンと車体各部の仕様を変更し、2月14日に発売する。

また、CBR1000RRをベースに、車体の軽量化や専用サスペンションを採用することなどで、スポーツ性能を高めた『CBR1000RR SP』を受注生産モデルとしてタイプ追加、同じく2月14日に発売する。

CBR1000RRは、エンジンの吸・排気ポートの形状を変更することで、従来モデルに比べて5ps高い123psの最高出力を実現。また、新形状のウインドスクリーンを採用することで空力性能を高めるなど、各部の熟成を図っている。なお、スーパースポーツモデル用として世界で初めて採用した電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定した。

CBR1000RR SPは、「The Edge of CBR」を開発のキーワードに、スポーツライディングの楽しみを追求したモデル。一人乗り専用設計とするとともに、前・後サスペンションにオーリンズ社製を、フロントブレーキキャリパーにはブレンボ社製を採用している。また、車体の挙動をより感じられる専用シートや、軽量化したシートレールなど、各部を特別な仕様としているほか、電子制御式コンバインドABSを標準装備している。

価格はCBR1000RRが142万8000円から162万7500円、SPモデルが197万4000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

    ハーレー 2017年全32モデル発売、ツーリングファミリーに新エンジン搭載

  2. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

    ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  3. 【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

    【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

  4. 「あごひも、しっかり締めて 正しくヘルメット」二輪車安全運転推進運動 9月11-30日

  5. 叡山電鉄の風鈴電車「悠久の風」が日本酒バーに 9月3日

  6. BMWモトラッド、白馬でミーティングイベントを開催…8月27日・28日

  7. ライブにも乗って行っちゃおうかな! CKB横山剣がハーレー購入

  8. カワサキ ZRX1200 DAEG、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  9. ヘルメットを被ったままで通話できる---バイク用インカム発売

  10. 哀川翔は強化ガラスを割ったのか?---本人が語る真相

アクセスランキングをもっと見る