ホンダ、新型CBR1000RR を発表…エンジン仕様変更で5psアップ、SPモデルも用意

モーターサイクル 新型車

ホンダは、大型スーパースポーツ『CBR1000RR』のエンジンと車体各部の仕様を変更し、2月14日に発売する。

また、CBR1000RRをベースに、車体の軽量化や専用サスペンションを採用することなどで、スポーツ性能を高めた『CBR1000RR SP』を受注生産モデルとしてタイプ追加、同じく2月14日に発売する。

CBR1000RRは、エンジンの吸・排気ポートの形状を変更することで、従来モデルに比べて5ps高い123psの最高出力を実現。また、新形状のウインドスクリーンを採用することで空力性能を高めるなど、各部の熟成を図っている。なお、スーパースポーツモデル用として世界で初めて採用した電子制御式「コンバインドABS」を搭載したABS仕様車もタイプ設定した。

CBR1000RR SPは、「The Edge of CBR」を開発のキーワードに、スポーツライディングの楽しみを追求したモデル。一人乗り専用設計とするとともに、前・後サスペンションにオーリンズ社製を、フロントブレーキキャリパーにはブレンボ社製を採用している。また、車体の挙動をより感じられる専用シートや、軽量化したシートレールなど、各部を特別な仕様としているほか、電子制御式コンバインドABSを標準装備している。

価格はCBR1000RRが142万8000円から162万7500円、SPモデルが197万4000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  2. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  3. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

    二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  4. 二輪車ETC購入助成、募集期間前半で締め切りの勢い

  5. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  6. 二輪車国内生産、内需減少で4か月ぶりのマイナス…5月

  7. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  8. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  9. ヤマハ、YZF-R3/R25 2016年モデル発売…新色マットグレーとホワイト/レッドを追加

  10. ヤマハ、大型ツアラー FJR1300 を大幅改良…6速ミッション採用など

アクセスランキングをもっと見る