【東京オートサロン14】平成版ケンメリGT-R、ついに発売…ベース車は?

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ロッキーオートの平成版ケンメリGT-R
  • ロッキーオートの平成版ケンメリGT-R
  • ロッキーオートの平成版ケンメリGT-R
  • ロッキーオートの平成版ケンメリGT-R
オートサロンでは旧車のコーナーも依然、根強い人気がある。ロッキーオートの展示スペースには全身カーボン調のハコスカやデイトナコブラと一緒に、2台のケンメリ『スカイラインGT-R』が並んでいた。そう見えたのだが、実際には違った。1台は本物のケンメリをベースにしたGT-R仕様だが、もう1台はレプリカ。何とベースになっているのはR32スカイラインだ。しかも機能や性能を大幅に充実させた、新時代のケンメリGT-Rとして仕上げられたモデルなのである。

昨年のオートサロンではマスターモデルを展示していたが、今回はいよいよ製品版として、この平成版ケンメリGT-Rを完成させたのだ。

R32スカイラインのボディパネルを剥がして、ケンメリから型取りしたFRP製のボディパネルを貼り付けることで、このケンメリクリソツのスタイリングを実現している。

R32のボディにフィットさせるために若干、寸法を変えているそうだが、はた目にはほとんど分からない。てっきりケンメリにRB26を積んじゃったのか、と思ったほど、フォルムは良く出来ている。

「そう思ってもらえれば、私としては大成功ですね」渡辺社長はそう言って歯を見せた。

価格はベース仕様の状態で798万円~。ケンメリをベースにフルレストアしてGT-R仕様にする場合に比べ、ずっと低コストでしかも高性能、高信頼性が確保できるのがメリットだとか。

さらにはフルタイム4WDやAT仕様、フルチューンのRB26搭載など、オプションも自由自在でアフターパーツもR32用の機能パーツが使えるので、リーズナブルで豊富と、いいことずくめ。オリジナルのケンメリGT-Rの販売経験も豊富な、ロッキーオートならではのノウハウが詰まったコンバージョンモデルだ。
《高根英幸》

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【パイクスピーク16】ルマン勝者、デュマ選手が制す…エンジンはホンダ製

    【パイクスピーク16】ルマン勝者、デュマ選手が制す…エンジンはホンダ製

  2. 関東の大学生たちがダートラで泥まみれの激闘…男子は東大、女子は青学が優勝

    関東の大学生たちがダートラで泥まみれの激闘…男子は東大、女子は青学が優勝

  3. 【パイクスピーク16】ホンダ NSX 新型、量産車クラスで優勝

    【パイクスピーク16】ホンダ NSX 新型、量産車クラスで優勝

  4. 世界に誇るニホンの力!! スズキ ワゴンR 次期型を完全捕捉…『ベストカー』7月26日号

  5. 【夏休み】車検場や空港の格納庫・滑走路を見学---国土交通Day

  6. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  7. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  8. 【新聞ウォッチ】出光興産、創業家の反乱---昭和シェルとの合併に反対表明

  9. 知らなきゃ損!? クルマ選びの新常識…『月刊自家用車』8月号

  10. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

アクセスランキングをもっと見る