【東京オートサロン14】平成版ケンメリGT-R、ついに発売…ベース車は?

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ロッキーオートの平成版ケンメリGT-R
  • ロッキーオートの平成版ケンメリGT-R
  • ロッキーオートの平成版ケンメリGT-R
  • ロッキーオートの平成版ケンメリGT-R
オートサロンでは旧車のコーナーも依然、根強い人気がある。ロッキーオートの展示スペースには全身カーボン調のハコスカやデイトナコブラと一緒に、2台のケンメリ『スカイラインGT-R』が並んでいた。そう見えたのだが、実際には違った。1台は本物のケンメリをベースにしたGT-R仕様だが、もう1台はレプリカ。何とベースになっているのはR32スカイラインだ。しかも機能や性能を大幅に充実させた、新時代のケンメリGT-Rとして仕上げられたモデルなのである。

昨年のオートサロンではマスターモデルを展示していたが、今回はいよいよ製品版として、この平成版ケンメリGT-Rを完成させたのだ。

R32スカイラインのボディパネルを剥がして、ケンメリから型取りしたFRP製のボディパネルを貼り付けることで、このケンメリクリソツのスタイリングを実現している。

R32のボディにフィットさせるために若干、寸法を変えているそうだが、はた目にはほとんど分からない。てっきりケンメリにRB26を積んじゃったのか、と思ったほど、フォルムは良く出来ている。

「そう思ってもらえれば、私としては大成功ですね」渡辺社長はそう言って歯を見せた。

価格はベース仕様の状態で798万円~。ケンメリをベースにフルレストアしてGT-R仕様にする場合に比べ、ずっと低コストでしかも高性能、高信頼性が確保できるのがメリットだとか。

さらにはフルタイム4WDやAT仕様、フルチューンのRB26搭載など、オプションも自由自在でアフターパーツもR32用の機能パーツが使えるので、リーズナブルで豊富と、いいことずくめ。オリジナルのケンメリGT-Rの販売経験も豊富な、ロッキーオートならではのノウハウが詰まったコンバージョンモデルだ。
《高根英幸》

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

    【ニュル24時間 2016】メルセデス AMG GT3、1‐4位を独占

  2. 【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

    【ニュル24時間 2016】昨年の覇者、アウディ R8 は8位…「結果に失望」

  3. 【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

    【ロードスター 軽井沢ミーティング16】「MX-5 RF」日本初披露と3つの栄冠報告…過去最高参加者で盛り上がる

  4. 【第100回 INDY500】新人ロッシ優勝…ホンダ勢の今季シリーズ戦初勝利が最大舞台で実現

  5. 【ニュル24時間 2016】日産 GT-R、総合11位…日本車で最上位

  6. 【ニュル24時間 2016】スバル WRX STI、クラス2連覇を達成

  7. 【スーパー耐久 第3戦】新型シビック タイプR、マーシャルカーとして登場

  8. 【ニュル24時間 2016】初参戦のレクサスRC F、総合24位

  9. 【新聞ウォッチ】マツダ、ハンドルのふらつきを自動調整する新技術に注目

  10. 【ニュル24時間2016】最終ラップで劇的な逆転、ブラックファルコンのメルセデスAMGが優勝

アクセスランキングをもっと見る