人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【東京オートサロン14】平成版ケンメリGT-R、ついに発売…ベース車は?

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

オートサロンでは旧車のコーナーも依然、根強い人気がある。ロッキーオートの展示スペースには全身カーボン調のハコスカやデイトナコブラと一緒に、2台のケンメリ『スカイラインGT-R』が並んでいた。そう見えたのだが、実際には違った。1台は本物のケンメリをベースにしたGT-R仕様だが、もう1台はレプリカ。何とベースになっているのはR32スカイラインだ。しかも機能や性能を大幅に充実させた、新時代のケンメリGT-Rとして仕上げられたモデルなのである。

昨年のオートサロンではマスターモデルを展示していたが、今回はいよいよ製品版として、この平成版ケンメリGT-Rを完成させたのだ。

R32スカイラインのボディパネルを剥がして、ケンメリから型取りしたFRP製のボディパネルを貼り付けることで、このケンメリクリソツのスタイリングを実現している。

R32のボディにフィットさせるために若干、寸法を変えているそうだが、はた目にはほとんど分からない。てっきりケンメリにRB26を積んじゃったのか、と思ったほど、フォルムは良く出来ている。

「そう思ってもらえれば、私としては大成功ですね」渡辺社長はそう言って歯を見せた。

価格はベース仕様の状態で798万円~。ケンメリをベースにフルレストアしてGT-R仕様にする場合に比べ、ずっと低コストでしかも高性能、高信頼性が確保できるのがメリットだとか。

さらにはフルタイム4WDやAT仕様、フルチューンのRB26搭載など、オプションも自由自在でアフターパーツもR32用の機能パーツが使えるので、リーズナブルで豊富と、いいことずくめ。オリジナルのケンメリGT-Rの販売経験も豊富な、ロッキーオートならではのノウハウが詰まったコンバージョンモデルだ。
《高根英幸》

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【SUPER GT 第6戦】GT500決勝…レクサス逆襲の1-2、立川祐路&石浦宏明が鈴鹿1000kmを制覇

    【SUPER GT 第6戦】GT500決勝…レクサス逆襲の1-2、立川祐路&石浦宏明が鈴鹿1000kmを制覇

  2. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

    【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  3. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『Vivacious girls』

    【サーキット美人2016】SUPER GT 編『Vivacious girls』

  4. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『apr HYBRID VICTORIA』

  5. 【SUPER GT 第6戦】GT300決勝…スバルBRZの井口卓人&山内英輝が今季初優勝を飾る

  6. 真夏のカート耐久、7時間で634km走った!…ツインリンクもてぎでフェス

  7. 【SUPER GT 第6戦】BRZ ちょい乗り体験会…乗ってみて知るその良さ

  8. 【F1 ベルギーGP】ロズベルグが今季6回目のポールポジション、フェルスタッペンが2番手

  9. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『ZENT Sweeties 2016』

  10. 【SUPER GT 第6戦】レクサス LC500 がGTマシンに昇華

アクセスランキングをもっと見る