ホンダは11月20日、多面的価値を高次元で融合した新型車『ヴェゼル』の市販予定車を「第43回東京モーターショー2013」において公開した。

ヴェゼルは、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさというジャンルの枠を超えた、多面的な価値を高次元で融合した新しいジャンルのクルマ。

エクステリアは、ロアボディでSUVの安定感、アッパーボディでクーペライクなスタイリングを表現。二つのスタイリングをシャープなキャラクターラインで融合することにより、感性を刺激するエモーショナルなデザインとした。

インテリアはフロント席でクーペのようなパーソナルで上質な空間を創出しながらも、リア席ではミニバン並みのゆとりあふれる快適性と使いやすさを実現している。

さらに、国内では1.5リッターの直噴エンジンに高出力モーターを組み合わせた「スポーツ ハイブリッド i-DCD」搭載のハイブリッド車と、1.5リッターの直噴エンジンを搭載したガソリン車を投入。新世代パワートレイン技術により、力強い走りと低燃費を実現している。

ヴェゼルは12月19日に発表、12月20日に発売を予定。なお、ホンダのホームページでは、ヴェゼルのエクステリアデザインを先行公開。今後、順次情報を更新していく予定。
《纐纈敏也@DAYS》