ホンダは、2015年からマクラーレンに供給する新世代のF1エンジン音を公開した。

F1は2014年からエンジン規定が一新され、現状の2.4リッター自然吸気V8エンジンが撤廃され、エネルギー回生装置付きの1.6リッターV6ターボエンジンに完全移行する。

ホンダはマクラーレンとのタッグで2015年からのF1復帰を決めているが、今回公開されたエンジン音は開発中のプロトタイプエンジンのもの。

《編集部》