米マツダ、1991年式 カペラ をフルレストア…NFLのスター選手に納車

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

マツダが、80年代後半から90年代終わりまで販売していた5代目『カペラ』(海外名:『マツダ626』)。新車のようにフルレストアされた1台のマツダ626が、米国の有名スポーツ選手に引き渡され、話題になっている。

これは10月15日、北米マツダが明らかにしたもの。「首都ワシントンのマツダ販売店が、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のアルフレッド・モリス選手に、1991年式マツダ626をフルレストアして納車した」と発表している。

アルフレッド・モリス選手といえば、ワシントン・レッドスキンズのスター選手。NFLのスター選手の多くが、最新の高級車に乗っているが、アルフレッド・モリス選手の愛車は、1991年式のマツダ626だ。

同選手は、20年以上も前のマツダ626を、なぜフルレストアすることにしたのか。それは、プロのアメリカンフットボール選手になる前の学生時代、同選手が苦労して手にしたのが、1991年式マツダ626だったため。同選手は、所属チームと4年で2億円の契約を結んでいる。それでも、「思い入れのある車。このマツダ626を見るたびに、今までの努力を思い出す」として、現在でも、このマツダ626を手放さない。

10月15日、フルレストア作業を終えたマツダ626と対面したアルフレッド・モリス選手、「素晴らしい」と喜びのコメント。チームメイトからこのマツダ626は、英国の高級車「ベントレー」の愛称で親しまれている。同選手は、今後も大切に乗り続けるという。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品