【IIHS衝突安全】トヨタ RAV4 新型、新スモールオーバーラップテストで最低評価

自動車 テクノロジー 安全

【IIHS衝突安全】トヨタ RAV4 新型、新スモールオーバーラップテストで最低評価
  • 【IIHS衝突安全】トヨタ RAV4 新型、新スモールオーバーラップテストで最低評価
  • 【IIHS衝突安全】トヨタ RAV4 新型、新スモールオーバーラップテストで最低評価
  • 【IIHS衝突安全】トヨタ RAV4 新型、新スモールオーバーラップテストで最低評価
米国IIHS(道路安全保険協会)は7月11日、新型トヨタ『RAV4』に関して、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の衝突安全テストの結果を公表した。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価するというもの。

さらにIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと、横転を想定したルーフ強度テストも行う。また今回、新型RAV4は、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストを受けた。

これは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもの。実際の衝突事故に、より近づけるための追加テストだが、車両のメインフレームよりも外側に大きな衝撃が加わるため、厳しい判定を下されるモデルが多い。IIHSは総合評価でGOOD(優)となった車を、「トップセーフティピック+」に認定し、従来の「トップセーフティピック」以上に、高い衝突安全性能を認定している。

新型RAV4の、スモールオーバーラップテストでは、ダミー人形の頭/首、胸、大腿部への傷害レベルが最小限で、GOOD(優)。しかし、脚への傷害レベルは4段階評価で最低のPOOR(不可)となった。

また、ボディの安全構造に対する評価も、POOR(不可)判定。IIHSは新型RAV4について、スモールオーバーラップテスト時、ドアヒンジピラーやインパネが室内に大きく入り込み、ドライバーの左脚に重大な傷害を与える危険性を指摘している。

その一方、2013年5月にIIHSが公表した新型RAV4の通常の衝突テスト結果では、最高評価を獲得。「トップセーフティピック」に認定されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. テスラ、自動運転中の死亡事故に声明「完璧ではなく注意が必要」

    テスラ、自動運転中の死亡事故に声明「完璧ではなく注意が必要」

  2. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  3. フォーミュラーカーが都内の公道を爆走

    フォーミュラーカーが都内の公道を爆走

  4. NAVITIMEドライブサポーター、冠水注意地点案内を提供開始

  5. コウォンジャパン、前後同時録画できる2チャンネルHDドライブレコーダーを発売

  6. ボルボ、後ろ向きスタイルの新型チャイルドシートを発表…安全性を重視

  7. ソニー製カーオーディオ復活の布石か、北陸限定スマホ対応モデル登場で

  8. 市販ナビ満足度3連覇達成のアルパイン BIG Xシリーズ、その実力は

  9. カロッツェリア スマートループの効果を夏休みの渋滞で検証

  10. RSオーディオ、モノブロック・パワーアンプ「RS Master T Mono」発表

アクセスランキングをもっと見る