人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ホンダ峯川専務、新型 アコード の受注は想定より強め

自動車 ビジネス 国内マーケット

アコード ハイブリッド フロント イメージ
  • アコード ハイブリッド フロント イメージ
  • 新型上級セダン アコード ハイブリッド スペシャルページ
  • ホンダ 峯川尚専務執行役員
ホンダの日本営業を担当する峯川尚専務執行役員は6月18日にメディア各社の取材に応じ、20日に発表する新型『アコード』シリーズの受注が「当初の想定を上回り、かなり強めになっている」と述べ、販売増への手ごたえを表明した。

発表前なので数字の公表は控えたものの「燃費性能を中心に高い評価をいただいている」と語った。新型アコードは日本市場では、新開発の2モーター式を採用したHV(ハイブリッド車)とPHV(プラグイン・ハイブリッド車)となる。HVのJC08モード燃費は、1リットル当たり30kmとクラス世界トップの性能を確保した。

峯川専務は「(アコードの燃費は)軽自動車と同レベルとのお客様の声もあり、相当なインパクトになっている」と指摘した。ホンダは昨年来、軽自動車の商品テコ入れで国内販売を伸ばしているが、アコードによって高価格帯商品のテコ入れも図っていく。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  2. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

    スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  3. ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

    ホンダの総生産台数、13か月連続プラス…7.8%増の42万5305台 6月実績

  4. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  5. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  6. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  7. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  8. マツダ 藤本常務、円高には「会社のリソーセス総動員して対応」

  9. トヨタ、国内販売が4か月連続のプラス 6月実績

  10. マツダ、国内販売が9か月連続マイナス…36.4%減 6月実績

アクセスランキングをもっと見る