WRC、シトロエンの指揮官のイブ・マトンがクビサを絶賛 | レスポンス(Response.jp)

WRC、シトロエンの指揮官のイブ・マトンがクビサを絶賛

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

WRCは6月6日、シトロエン・レーシングチームの指揮官、イブ・マトンが、アクロポリスラリーのWRC-2クラスで初優勝を飾った元F1ドライバーのロバート・クビサについて語ったインタビューの内容を公開した。

ギリシャで行われたラリーはこのポーランド人ドライバーにとって2度目のWRCのレースで、ポルトガルラリーで初めての砂利道のコースを経験してからわずか7週間後のことだった。

クビサはシトロエンDS3 RRCで、ギリシャの最初のステージでリードを奪い、第9ステージまでには2位以下に2分以上の差をつける速さを見せた。

彼はその後岩だらけの砂利道でより注意深いアプローチをしてペースを調整し、日曜の最終日には2位のフォード・フィエスタRRCのドライバー、ユーリ・プロタソフに1分29秒8の差をつけてフィニッシュした。

「ロバートは砂利道と舗装路で、彼が真のペースを持っていることを証明した。だが彼はまだ規律性を学ばなければならない。彼はリードを上手く管理した最終レグを含み、素晴らしいレースをした。私はこのレースが彼にとっての、ターニングポイントになる予感がしている。そしてそれは我々のWRC-2のタイトルを勝ち取るという、もう1つの目標に向けての良い前兆であることは間違いないだろう」とマトンは語った。

一方のクビサは「僕にとってはまだ多くのことを学ぶ必要があるが、アクロポリスラリーは素晴らしい学習経験で、生産的な週末だった。ゆっくりとドライブしている時でも、初めてのステージに挑んでいる時にはミスを犯し易いものだ…特にタフなコンディションではね。今はこの週末に学んだことを実行できる、次のラリーサルジニアを楽しみにしている」と語った。

クビサは2レースを行った後、WRC-2シャンピオンシップの順位で現在、33ポイントの6位に位置している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品