グランツーリスモ6が2013年冬発売へ…コアシステム刷新でスマホ・タブレットへの対応も

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、2013年5月15日(現地時間)、イギリスのシルバーストーン・サーキットで開催されたイベントで、『グランツーリスモ6』(以下GT6)が2013年冬の発売を目標に開発中であることを発表した。

GS6はプレイステーション3(PS3)用ソフトウェアとなる。グランツーリスモシリーズはこれまでに全世界で累計7000万本を販売している。

PS3向けに発売されるGT6は、「リアルドライビングシミュレーター」としての基本的なポテンシャルを高めるためのコア・システムの刷新が計られている。コンパクトで高速な新しいゲームエンジン、新しい物理シミュレーションエンジンによって、レスポンスの良い快適なゲーム体験が可能になる。これにより将来のシステム拡張のための柔軟性が向上すると同時に、コミュニティ機能を最大限に生かすためにスマートフォンやタブレットといったマルチ・デバイスへの展開を可能にする。

2010年の発売以降、累計販売本数1000万本を突破した『グランツーリスモ5』の全車種、全コースは引き続きGT6にも収録される。これに新しいヒストリックカー、ロードカーや最新のレースカーが加わり、発売時の収録車種は1200台を超える。

さらに発売以降も新しいクルマが継続的にオンラインで提供される予定。

GT6ではイギリスのシルバーストーン・サーキットを含む合計7つのロケーションが新たに追加され、合計33ロケーションが収録される。また、クルマ同様に発売以降も新しいコースがオンラインで提供される予定。

グランツーリスモがこれまで行なってきた数々のパートナー企業とのコラボレーションは、GT6で幅を広げる。

2008年以降、日産自動車と共にドライバー発掘を続けてきたGTアカデミーについては、今回の15周年記念イベントにおいて、過去最大規模のGTアカデミーが今年も開催され、7月にリリースされるGT6体験版を通じて予選が行われることが発表された。

加えて横浜ゴムや、独KWオートモーティブとのパートナーシップが実現。市販車からレースまで幅広い分野で活躍している両社は、グランツーリスモのテクニカルパートナーとしてゲームの新しい物理エンジン、タイヤモデルやサスペンションモデルの開発にかかわり、「リアルドライビングシミュレーター」としてのグランツーリスモの精度を高めた。

グランツーリスモシリーズプロデューサーの山内一典氏は「最初のグランツーリスモが出てから15年が過ぎたかと思うと感慨深いです。GT6でも私の夢は更に進化しています。グランツーリスモに愛着を持ってくださっている皆さんが多いPS3においてGT6をリリースでき、とてもうれしく思っています」

「今回はシステムの将来の拡張性のためにシステムのコアをリファクタリングしました。新しいゲームや追加要素の他にも、まだまだお伝えしたいことはありますが、GT6の発売はただの始まりにすぎません。リリース後もどんどん進化を続けます」とコメント。

シルバーストーンのグランツーリスモ15周年記念イベントではGT6のデモが展示され、来場者には新たにゲームに収録されるシルバーストーン・サーキットがお披露目された。
《土屋篤司》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. マツダ女性レーサー育成プロジェクト、1期生が連続表彰台を獲得

    マツダ女性レーサー育成プロジェクト、1期生が連続表彰台を獲得

  2. 2日間で11レースが楽しめるワンメイクレース祭り…6月4日・5日 富士

    2日間で11レースが楽しめるワンメイクレース祭り…6月4日・5日 富士

  3. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

    トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  4. 正攻法×裏ワザで賢くクルマを買う!…ザ・マイカー 2016年7月号

  5. 2017年のロッシのチームメイトはヴィニャレスか!? 鈴鹿8耐にザルコ登場の可能性

  6. 【新聞ウォッチ】三菱自の開発部門テコ入れ、日産の山下光彦元副社長に白羽の矢

  7. 【MotoGP 第6戦イタリア】わずか0.019秒差、ロレンソがゴール直前で逆転勝利

  8. 【全日本ラリー 第3戦】プジョー 208 R2、JN5クラスで初優勝

  9. 【JNCC 第4戦】神業の激速ダウンヒルで、斉木達也が今季2勝目

  10. 「カーグラTV」風に古谷徹が紹介…『PROJECT CARS PE』最新トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る