ホンダ F1復帰報道、1.6リットルV6ターボで挑戦へ | レスポンス(Response.jp)

ホンダ F1復帰報道、1.6リットルV6ターボで挑戦へ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

5月15日、複数の国内メディアが2015年からのホンダのF1復帰を報じた。各社の報道によると、マクラーレンに対してエンジン供給をおこなうという。

これらの報道に対してホンダの広報部に問い合わせたところ、「当社からコメントできることは何もない。会見のスケジュールなども全くの未定」とのこと。

ホンダのF1参戦は7年ぶり4期目となる。F1では2014年からエンジンのレギュレーションの変更が決定済みで、現行のV8・2.4リットルから、過給器付きのV6・1.6リットルとエネルギー回収システム(ERS)の採用が決まっている。2015年とすると、ホンダはこのレギュレーションでの参戦となる。

かつてホンダがマクラーレンと組んで参戦していた1980年代後半は、アイルトン・セナとアラン・プロストという強力なドライバーを擁し、1.5リットルのV6ターボエンジンで16戦中15勝(1988年)という戦績を残すなど輝かしい結果を残していた。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品