人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

JR北海道、江差線木古内~江差間の廃止を届出…来年5月廃止へ

自動車 ビジネス 企業動向

江差線の終点・江差駅。津軽海峡線の一部である五稜郭~木古内間に対し木古内~江差間は利用者が少なく、廃止が計画された。
  • 江差線の終点・江差駅。津軽海峡線の一部である五稜郭~木古内間に対し木古内~江差間は利用者が少なく、廃止が計画された。
  • 木古内駅で発車を待つ江差行き普通列車。
JR北海道は4月26日、江差線のうち末端側の木古内~江差間42.1kmの廃止を国土交通大臣に届け出た。届出上の廃止予定日は2014年5月12日。繰り上げ手続きが今後行われなければ、2014年5月11日限りで運行を終了する。

江差線は、函館本線五稜郭駅(函館市)から分岐して津軽海峡沿いに西へ進み、木古内駅(木古内町)から内陸部に入って日本海側の江差駅(江差町)に至る79.9kmの路線。木古内駅では津軽海峡をくぐってJR東日本の津軽線中小国駅に至る海峡線が分岐している。このため、函館本線函館~五稜郭間と江差線五稜郭~木古内間、海峡線、津軽線青森~中小国間が「津軽海峡線」として一体的に運転されており、江差線は木古内駅を境に運転系統が実質分離されている。

江差線の輸送人員(旅客輸送密度)は2446人(2009年度)だが、大半は津軽海峡線の列車によるもの。津軽海峡線のルートから外れた木古内~江差間に限ると、輸送密度は1987年度の国鉄分割民営化時点でも253人しかなく、2011年度には41人まで減少している。

こうした状況から、JR北海道は沿線の木古内町と上ノ国町、江差町に対し、木古内~江差間の廃止計画を2012年9月に提示。これに対し3町は対策協議会を設置して対策を検討してきた。3月28日には3町が廃止を受け入れる方向で同意したことから、今回の廃止届出に至った。

津軽海峡線に組み込まれている五稜郭~木古内間37.8kmは今後も存続するが、北海道新幹線新青森~新函館間の開業(2015年度開業予定)に合わせて第三セクター化される予定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. 日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

    日産、グローバル生産・販売ともに過去最高を更新 2016年上半期実績

  3. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

    スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  4. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  5. 日産 セントラ、米国でリコール…エンジン停止のおそれ

  6. VW世界販売、トヨタを抑えて2年連続で首位 上半期

  7. JR名古屋駅南に400台収容の立体駐車場---極東開発が建設

  8. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  9. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  10. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

アクセスランキングをもっと見る