iPhone用ドライブレコーダアプリ「マルチドライブレコーダ」最新版をリリース…渋滞表示に対応

自動車 テクノロジー Apple

トライテックは恭和と共同開発したiPhone用ドライブレコーダーアプリ「マルチドライブレコーダ」の最新版を4月27日にリリースする。

マルチドライブレコーダは、市販品に比べて安価で、気軽に設置・導入のできるiPhoneアプリのドライブレコーダー。常時録画と自動録画、2つの録画機能で、事故の重要な証拠となり得る映像を残し、安心・安全なドライブをサポートする。

今回のアップデートでは、録画画面の地図上に、渋滞の状況を示す線を表示させたほか、Youtubeへのアップロード機能、動画再生画面への走行マップ表示機能などを追加した。

価格は600円。なお、5月6日まではキャンペーン価格で500円となる。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品