ボルボカーズ、新しい燃料噴射技術を発表…新ディーゼルに採用

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボカーズの新開発ディーゼルエンジン
  • ボルボカーズの新開発ディーゼルエンジン
スウェーデンのボルボカーズは4月8日、世界初の新しい燃料噴射技術を導入したディーゼルエンジンを今秋、市販車に搭載すると発表した。

このディーゼルエンジンは、VEA(ボルボ・エンジン・アーキテクチャー)を名乗るボルボカーズの新世代ユニットのひとつ。そのハイライトは、「i-ART」と命名された新しい燃料噴射技術にある。

ボルボカーズによると、従来のエンジンでは一般的に、コモンレール内に1個の燃料噴射圧センサーを置いていた。i-ARTでは、各燃料インジェクターから、燃料噴射圧に関する情報をフィードバック。これにより、4気筒エンジンの各シリンダーで、最適な燃料噴射とそのモニターが可能になるという。

ボルボカーズのパワートレインエンジニアリング担当、デレック・クラブ副社長は、「我々は1976年、画期的なラムダセンサーを導入した。今回のi-ARTも、ボルボカーズの新たな世界初技術」とコメント。

i-ARTを採用した新ディーゼルは2013年秋、市販車に搭載される予定。ボルボカーズは、このエンジンに8速ATを組み合わせ、洗練された運転性能と優れた燃費性能を両立させる計画だ。
《森脇稔》
  • ボルボカーズの新開発ディーゼルエンジン

注目の記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その4…背反する条件を解決した“一石三鳥”のブレイクスルー

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その4…背反する条件を解決した“一石三鳥”のブレイクスルー

  2. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…トランスミッションを内製する理由と、開発の目的

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…トランスミッションを内製する理由と、開発の目的

  3. スズキ、VWの保有株を買い戻しへ…国際裁判所が仲裁判断

    スズキ、VWの保有株を買い戻しへ…国際裁判所が仲裁判断

  4. 出光興産、陸上自衛隊による石油供給訓練に参加…北海道製油所で

  5. スズキ鈴木会長、新な提携は「時間をかけて慎重に」

  6. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その1…世界に誇る鋳造技術、マツダ中関TM工場

  7. ウェザーニューズが「ゲリラ雷雨防衛隊」の隊員を募集中…局地的雷雨の被害低減につなげる

  8. 「剥がしやすさ」がタイヤピットの現場を変える… マルエム製 新バランスウェイト

  9. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その2…モノ造り革新の成果は、工場全社員の意識改革

  10. 「週刊 ラ フェラーリをつくる」先行予約販売開始…1/8 ダイキャストモデル

アクセスランキングをもっと見る