ボルボカーズ、新しい燃料噴射技術を発表…新ディーゼルに採用

自動車 ビジネス 企業動向

スウェーデンのボルボカーズは4月8日、世界初の新しい燃料噴射技術を導入したディーゼルエンジンを今秋、市販車に搭載すると発表した。

このディーゼルエンジンは、VEA(ボルボ・エンジン・アーキテクチャー)を名乗るボルボカーズの新世代ユニットのひとつ。そのハイライトは、「i-ART」と命名された新しい燃料噴射技術にある。

ボルボカーズによると、従来のエンジンでは一般的に、コモンレール内に1個の燃料噴射圧センサーを置いていた。i-ARTでは、各燃料インジェクターから、燃料噴射圧に関する情報をフィードバック。これにより、4気筒エンジンの各シリンダーで、最適な燃料噴射とそのモニターが可能になるという。

ボルボカーズのパワートレインエンジニアリング担当、デレック・クラブ副社長は、「我々は1976年、画期的なラムダセンサーを導入した。今回のi-ARTも、ボルボカーズの新たな世界初技術」とコメント。

i-ARTを採用した新ディーゼルは2013年秋、市販車に搭載される予定。ボルボカーズは、このエンジンに8速ATを組み合わせ、洗練された運転性能と優れた燃費性能を両立させる計画だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  2. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  5. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  6. レースクイーンが時間をお知らせ!「サーキット時計」2016年の第2弾はSUPER GT

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. 【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

アクセスランキングをもっと見る