ボルボカーズ、新しい燃料噴射技術を発表…新ディーゼルに採用

自動車 ビジネス 企業動向

ボルボカーズの新開発ディーゼルエンジン
  • ボルボカーズの新開発ディーゼルエンジン
スウェーデンのボルボカーズは4月8日、世界初の新しい燃料噴射技術を導入したディーゼルエンジンを今秋、市販車に搭載すると発表した。

このディーゼルエンジンは、VEA(ボルボ・エンジン・アーキテクチャー)を名乗るボルボカーズの新世代ユニットのひとつ。そのハイライトは、「i-ART」と命名された新しい燃料噴射技術にある。

ボルボカーズによると、従来のエンジンでは一般的に、コモンレール内に1個の燃料噴射圧センサーを置いていた。i-ARTでは、各燃料インジェクターから、燃料噴射圧に関する情報をフィードバック。これにより、4気筒エンジンの各シリンダーで、最適な燃料噴射とそのモニターが可能になるという。

ボルボカーズのパワートレインエンジニアリング担当、デレック・クラブ副社長は、「我々は1976年、画期的なラムダセンサーを導入した。今回のi-ARTも、ボルボカーズの新たな世界初技術」とコメント。

i-ARTを採用した新ディーゼルは2013年秋、市販車に搭載される予定。ボルボカーズは、このエンジンに8速ATを組み合わせ、洗練された運転性能と優れた燃費性能を両立させる計画だ。
《森脇稔》
  • ボルボカーズの新開発ディーゼルエンジン

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 今週末は「春の嵐」、日本気象協会が交通機関の乱れなど注意喚起…「真夏日」の可能性も

    今週末は「春の嵐」、日本気象協会が交通機関の乱れなど注意喚起…「真夏日」の可能性も

  2. 【キャンピングカーショー16】日産、アウトドア仕様の NV350キャラバン 2台を出展

    【キャンピングカーショー16】日産、アウトドア仕様の NV350キャラバン 2台を出展

  3. 【キャンピングカーショー16】自転車を積載「ツメルンダー」にオフィスカー…面白キャンパー続々

    【キャンピングカーショー16】自転車を積載「ツメルンダー」にオフィスカー…面白キャンパー続々

  4. 【キャンピングカーショー16】八千代工業、キャンピングカー用品「きゃんぱち」シリーズを出展

  5. 8割以上がICカードを所有、利用率トップは「Suica」…パーク24調べ

  6. 日産 関専務、16年の中国販売「最低限130万台が目標」

  7. 【キャンピングカーショー16】泊まれるクルマ、遊べるクルマ300台が集結…2月11-14日

  8. HVでユーザー車検や車いじりがしたい人に…トヨタ・ハイブリッド整備モード移行ツール

  9. 【土井正己のMove the World】ダイハツの完全子会社化、緩まぬトヨタの危機意識

  10. 【キャンピングカーショー16】ホンダ、ホビオベースの「活動基地」を提案

アクセスランキングをもっと見る