ボルボカーズ、新しい燃料噴射技術を発表…新ディーゼルに採用

自動車 ビジネス 企業動向

スウェーデンのボルボカーズは4月8日、世界初の新しい燃料噴射技術を導入したディーゼルエンジンを今秋、市販車に搭載すると発表した。

このディーゼルエンジンは、VEA(ボルボ・エンジン・アーキテクチャー)を名乗るボルボカーズの新世代ユニットのひとつ。そのハイライトは、「i-ART」と命名された新しい燃料噴射技術にある。

ボルボカーズによると、従来のエンジンでは一般的に、コモンレール内に1個の燃料噴射圧センサーを置いていた。i-ARTでは、各燃料インジェクターから、燃料噴射圧に関する情報をフィードバック。これにより、4気筒エンジンの各シリンダーで、最適な燃料噴射とそのモニターが可能になるという。

ボルボカーズのパワートレインエンジニアリング担当、デレック・クラブ副社長は、「我々は1976年、画期的なラムダセンサーを導入した。今回のi-ARTも、ボルボカーズの新たな世界初技術」とコメント。

i-ARTを採用した新ディーゼルは2013年秋、市販車に搭載される予定。ボルボカーズは、このエンジンに8速ATを組み合わせ、洗練された運転性能と優れた燃費性能を両立させる計画だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホットウィール「BMW誕生100周年記念モデル」8車種のディティールを見る

    ホットウィール「BMW誕生100周年記念モデル」8車種のディティールを見る

  2. 【カーエレ最前線】あると便利な「リール式充電器」

    【カーエレ最前線】あると便利な「リール式充電器」

  3. 高速SAおすすめフード「中央道&上信越道編」

    高速SAおすすめフード「中央道&上信越道編」

  4. 【GW】伝説のカーデザイナー「フィオラヴァンティ展」開催

  5. 【鈴木亜久里インタビュー】カストロールはエルメスやアルマーニと同じ、信頼されるものが残る…後編

  6. 巨大鯉のぼりの下でクルマ談義に花…KAZOクラシックカーフェスタ2016

  7. 新車登録台数、ホンダが4か月ぶりに2位浮上…4月ブランド別

  8. 【鈴木亜久里インタビュー】とにかく今年はチャンピオン、だから「心配のいらないオイル」を…前編

  9. 実はコワい雨を味方に! カンタン作業でクルマを守る新ボディコート剤をチェック…ソフト99

  10. 【ボルボVISTA16】千差万別、ユーザの動きに完璧対応するチカラ…ロールプレイにみる現実

アクセスランキングをもっと見る