広島カープ、マツダなどが開発した新色「ソウルレッド」をヘルメットに採用

自動車 ビジネス 企業動向

マツダは、日本ペイントおよび日本ビー・ケミカルと共同で、プロ野球・広島東洋カープが試合で使用するヘルメット用に、マツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック」をイメージした特別色を開発、広島東洋カープに提供したと発表した。

特別色採用ヘルメットの提供は、マツダが世界で最もエモーショナルな赤を追求した「ソウルレッドプレミアムメタリック」と、広島東洋カープの情熱や闘志を表すチームカラーの赤のイメージが合致したことにより実現した。

特別色を採用したヘルメットは、3月29日に開幕する公式戦、5~6月に行われるセ・パ交流戦、7月に開催されるオールスターゲームなどで使用される。

マツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック」は、デザインテーマ「魂動(こどう)」を体現した新型『アテンザ(海外名:Mazda6)』と『CX-5』で採用しているボディカラー。「魂動」が持つ躍動感あふれるデザインを最大限に際立たせ、強い陰影や深みと鮮やかさの要素を高次元で両立している。

広島東洋カープは、赤を基調としたチームカラーで知られており、「赤ヘル」の愛称を持つ。2013年度のシーズンは「剣砥挑来(けんどちょうらい)-RALLYING TO ATTACK-」をスローガンに、今回制作した新たなヘルメットを着用して、22年ぶりの優勝を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品