人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

オフロード消防・救急バイク...栃木県内初導入へ

自動車 社会 社会

大震災への備えが重視される中、栃木県小山市消防本部が、消防・救急バイクの導入を検討している。

小山市消防本部は「震災などで消防車が進めないような状況に活用するほか、通常の初期消火、救急救助用として活用したい」と、この「赤バイ」の活躍を期待する。

導入予定車両はオフロードタイプ。SEROW250をベースにしたヤマハモーターエンジニアリングの消防活動二輪車が想定されていると思われる。

装備予定は2台で、1台は消火用、もう1台が救急救助用となる。乗員が消化機材(ポータブルCAFS=圧縮空気泡消化システム)を背負う消火用車両はと、AED(自動対外式除細動器)などを搭載する救急救助用。両車両とも赤色灯やサイレン、機材搭載用のボックスを備える。

「アンケートでは排気量250ccのバイクを運転できる免許を保有する隊員も多く、導入が決まればその中からも選抜していく」(同上)

栃木県内の赤バイ導入は塩谷広域消防が先行しているが、救急救助用は県内初となる。

小山市消防本部は今年9月に新庁舎に移転。119受付指令台をアナログ式から高機能消防指令センターを導入し、一新する。赤バイのお披露目も、この移転とあわせて行いたい考えだ。

この導入案は、今月7日の同市議会に予算要求され、議会最終日の18日に採決、成立する見通し。
《中島みなみ》

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 高速道路を逆走の乗用車が大型トラックと正面衝突、2人死傷

    高速道路を逆走の乗用車が大型トラックと正面衝突、2人死傷

  2. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

    日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  3. 高速道路の本線を歩いていた女性、トラック4台にはねられ即死

    高速道路の本線を歩いていた女性、トラック4台にはねられ即死

  4. 警視庁白バイ安全運転競技大会、バイク104台、選手90人が参加で盛大に

  5. 道路に飛び出してきたシカと衝突、乗用車が全焼

  6. 【ロードサービス徹底比較】JAF vs 11社…かしこい選択は?

  7. 自転車で斜め横断していた中学生、軽乗用車にはねられ重体

  8. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  9. 横断歩道を渡っていた歩行者をひき逃げ、現場へ戻った高齢の男を逮捕

  10. カードでも“おもてなし” レクサスカードの上質サービス

アクセスランキングをもっと見る