【ジュネーブモーターショー13】フェラーリ初の市販ハイブリッド、ラ・フェラーリを世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリは3月5日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13において、『ラ・フェラーリ』を初公開した。

同車は、開発コードネーム「F150」を名乗り、新たな限定車の「ニュー・リミテッド・エディション・スペシャルシリーズ」として予告されていたモデル。『エンツォ』後継車となり、フェラーリのフラッグシップスーパーカーに位置付けられる。

ラ・フェラーリは、フェラーリ初の市販ハイブリッド車になる点が最大の特徴。『F12ベルリネッタ』用の6262cc V型12気筒ガソリンエンジンは、最大出力800psを発生。9250rpmという高回転まで回る。これにフェラーリのハイブリッドシステム、「HY-KERS」から、モーターの最大出力163psが加わる。システム全体で963psという圧倒的パワーを引き出す。

最新のHY-KERS は2モーター方式で、ミッドシップにV型12気筒エンジンをレイアウトし、デュアルクラッチ・トランスミッションと1個目のモーターを一体設計。さらに、2個目のモーターは、エンジンの前方にレイアウト。2つのモーターは、バッテリー(二次電池)と接続される。そして減速時には、モーターがジェネレーターの役割を果たし、発生した電力をバッテリーに蓄えるというシステムだ。

このHY-KERSが、排出ガスを低減すると同時に、パフォーマンスを向上。フェラーリによると、ラ・フェラーリはエンツォ比で 0-200km/h 加速タイムを約1割短縮。排出ガス性能はおよそ40%も低減させているという。

ラ・フェラーリは世界限定499台を生産。F1テクノロジーを反映させたエアロダイナミクス性能の高いデザインが目を引く。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品