【ジュネーブモーターショー13】BMW、i3 コンセプトクーペ にPHV…最大300km走行可能 | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブモーターショー13】BMW、i3 コンセプトクーペ にPHV…最大300km走行可能

自動車 ニューモデル モーターショー

BMWが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」は3月4日、『i3コンセプトクーペ』の新仕様の概要を明らかにした。実車は3月5日(日本時間3月5日夕方)、スイスで開幕するジュネーブモーターショー13でワールドプレミアされる。

i3コンセプトクーペは2012年11月、ロサンゼルスモーターショー12で初公開。iブランドからは、2013年に小型EVの『i3』、2014年にプラグインハイブリッドスポーツカーの『i8』が発売されることが決定済み。i3コンセプトクーペは、iブランドの第3弾モデルを示唆した1台だ。

そのデザインは、車名が示す通り、『i3コンセプト』のクーペ版。5ドアハッチバックのi3に対して、i3コンセプトクーペでは後部のドアをなくし、軽快な雰囲気を持たせた。リアサイドのガラスの処理には、ユニークな発想を表現する。

パワートレインは、i3コンセプト同様、EV。モーターは最大出力170ps、最大トルク25.5kgmを発生する。シングルスピードのトランスミッションを介して、後輪を駆動。二次電池は、リチウムイオンバッテリーを積む。

今回BMWは、ジュネーブモーターショー13において、i3コンセプトクーペの新仕様を初公開。今回はEVではなく、プラグインハイブリッド車(PHV)を提案する。その考え方は、発電専用のエンジンを搭載した、いわゆる「レンジエクステンダー」だ。

レンジエクステンダーとは、基本をモーターで走行するEVとし、バッテリー残量が少なくなると、発電専用のエンジンを始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、航続距離を伸ばす仕組み。

i3コンセプトクーペのPHVでは、EVパワートレインを基本に、発電専用の小排気量ガソリンエンジンを追加。BMWは、「航続距離は最大でおよそ300km程度」と説明している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品