【ジュネーブモーターショー13】BMW、i3 コンセプトクーペ にPHV…最大300km走行可能

自動車 ニューモデル モーターショー

BMWが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」は3月4日、『i3コンセプトクーペ』の新仕様の概要を明らかにした。実車は3月5日(日本時間3月5日夕方)、スイスで開幕するジュネーブモーターショー13でワールドプレミアされる。

i3コンセプトクーペは2012年11月、ロサンゼルスモーターショー12で初公開。iブランドからは、2013年に小型EVの『i3』、2014年にプラグインハイブリッドスポーツカーの『i8』が発売されることが決定済み。i3コンセプトクーペは、iブランドの第3弾モデルを示唆した1台だ。

そのデザインは、車名が示す通り、『i3コンセプト』のクーペ版。5ドアハッチバックのi3に対して、i3コンセプトクーペでは後部のドアをなくし、軽快な雰囲気を持たせた。リアサイドのガラスの処理には、ユニークな発想を表現する。

パワートレインは、i3コンセプト同様、EV。モーターは最大出力170ps、最大トルク25.5kgmを発生する。シングルスピードのトランスミッションを介して、後輪を駆動。二次電池は、リチウムイオンバッテリーを積む。

今回BMWは、ジュネーブモーターショー13において、i3コンセプトクーペの新仕様を初公開。今回はEVではなく、プラグインハイブリッド車(PHV)を提案する。その考え方は、発電専用のエンジンを搭載した、いわゆる「レンジエクステンダー」だ。

レンジエクステンダーとは、基本をモーターで走行するEVとし、バッテリー残量が少なくなると、発電専用のエンジンを始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、航続距離を伸ばす仕組み。

i3コンセプトクーペのPHVでは、EVパワートレインを基本に、発電専用の小排気量ガソリンエンジンを追加。BMWは、「航続距離は最大でおよそ300km程度」と説明している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

    ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

  4. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  5. ルノー アラスカン、間もなくデビュー…新型ピックアップトラック

  6. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  7. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  8. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  9. トヨタ ポルテ/スペイド に特別仕様、ウォッシャブルカバーシートなど装備

  10. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

アクセスランキングをもっと見る