3台に1台はタイヤ整備不良…日本自動車タイヤ協会調べ

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車タイヤ協会は、都道府県警察、運輸支局、東日本・中日本・西日本の各高速道路、自動車及びタイヤ関連団体と協力し、2012年(1月~12月)に全国で41回の路上タイヤ点検を実施、その結果をまとめた。

タイヤ点検は、高速道路882台、一般道路865台の合計1747台で実施。調査結果によると、点検車両1747台のうち、タイヤに整備不良があった車両は623台、不良率35.7%。2011年点検結果に比べ8.0ポイントの増加となっている。道路別では、高速道路のタイヤ整備不良率は33.3%で8.4ポイントの増加、一般道路では38.0%で7.9ポイントの増加という結果となった。

タイヤの整備状況を項目別にみると、不良率1位は「空気圧不適正」で26.2%、次いで「偏摩耗」5.9%、「タイヤ溝不足」1.8%の順となっている。不良率を2011年の結果と比較すると、「タイヤ溝不足」は1.2ポイント減少しているものの、「空気圧不適正」が6.5ポイント、「偏摩耗」2.0ポイント、「外傷」0.3ポイント、「釘・異物踏み」0.1ポイントそれぞれ増加している。

また、道路別でみた不良率を2011年の結果と比較すると、高速道路では「空気圧不適正」が9.1ポイント増加、「タイヤ溝不足」が2.3ポイントの減少。一方、一般道路では「空気圧不適正」が5.2ポイント、「偏摩耗」が3.1ポイント、それぞれ増加している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

    燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

    【人とくるまのテクノロジー16】運転支援「次の一手」、開発中の技術を紹介…マツダ

  4. 日産ミスフェアレディに新人8名…総勢21名の2016年度新体制発表

  5. マツダ、SKYACTIV-Dの燃焼室構造が全国発明表彰 恩賜発明賞を受賞

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】 クラリティ の大小水素タンク2本が丸見え、 MIRAI との違い…ホンダ

  7. ホビージャパン、新型NSX の高品質1:18スケールモデルを発売

  8. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】未体験の視点、透明なクルマに乗って触って…ZF

アクセスランキングをもっと見る