ホンダ、水冷・直列2気筒400ccエンジンを公開…国内市場専用に開発

モーターサイクル 新型車

ホンダは1月28日、国内市場向けに新開発した水冷・直列2気筒400ccエンジンを報道陣に公開した。今夏からスポーツバイクに順次搭載し、発売する計画。

新エンジンの開発責任者を務める本田技術研究所二輪R&Dセンターの永橋慶樹氏は「自分が思い描き、操作した通りにリニアに加減速し、ブレーキングからコーナー進入・脱出までを体全体を使って意のままに動き、操っていることが実感できる瞬間というものを大事して、出力特性と部品レイアウトを検討した」と語る。

さらに「構想の初期からデザイン部門と格好良いエンジンとは何かを議論し、国内の多くのお客様に喜ばれる、そして開発メンバーが本当に欲しいエンジンを目指し開発した」という。

この結果、「エントリーユーザーにも扱いやすいよう、最も使用頻度の高い、低・中速回転域の特性を重視し、最大出力回転数を9500回転に設定。このエンジン特性に合わせ水冷・直列2気筒エンジンを選択した。9500回転までの全域で吸入効率を高めるため、最適なバルブサイズなどを検討、ボアストロークは67mm×56.6mmを採用した」としている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

    二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  2. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  3. 「ハーレーは“イケてる女”」UFCファイターの石原“夜叉坊”暉仁&スワンソン選手、新型発表会に乱入!?

    「ハーレーは“イケてる女”」UFCファイターの石原“夜叉坊”暉仁&スワンソン選手、新型発表会に乱入!?

  4. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  5. ヤマハ XSR900 発売、レトロスタイルの新型ロードスポーツ

  6. 【ハーレー ロードスター 試乗】もっとハイペースで!そう主張する足まわり…青木タカオ

  7. ラビットヘッドをあしらった「プレイボーイ」コラボメット発売

  8. カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

  9. モトグッツィ、V9ボバー を日本導入…先行受注を開始

  10. 電動一輪バイクが市販へ…200台限定、価格は25万円から

アクセスランキングをもっと見る