グラディエ「東京デザイナーズウィーク」にモバイルモビリティを出展 | レスポンス(Response.jp)

グラディエ「東京デザイナーズウィーク」にモバイルモビリティを出展

自動車 ニューモデル モビリティ

グラディエ「gp1」
  • グラディエ「gp1」
  • グラディエ「gp1」
  • グラディエ代表取締役・磯村歩氏と「gp1」
グラディエは10月30日から11月5日まで東京・明治神宮外苑で開催されている「東京デザイナーズウィーク2012」において、自社開発のパーソナルモビリティのプロトタイプ「gp1」を出展している。

グラディエはデザイン・建築設計における豊富な経験、欧州のモビリティや共生居住の研究活動をベースに、パーソナルモビリティ事業、シェアライフコーディネーション事業、地域デザインブランド事業を進めている。

今回展示しているgp1もその流れの上にあるプロダクトで、我が国における電動車いすの最高速度でもある6km/hで走行可能な電動モビリティである。リチウムイオン電池は筐体に内蔵しており、1充電で17.7kmの走行が可能としている。充電時間は5時間以内を予定している。

一方、サドルと3本の脚を折り畳めば、長さ1050mm、幅195mm、厚さ175mmというコンパクトなサイズに変身。重量は12kgで、キャスターが付いているので、スーツケースのように引いて持ち運ぶことができる。「モバイルモビリティ」と呼ぶゆえんがここにある。

グラディエではまず、ショッピングセンターなど大規模施設でのシェアリングによる提供を想定しており、生産や導入に協力してくれるパートナーを捜し、実用化につなげていきたいとしている。
《森口将之》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品