【国際航空宇宙展12】未来的なデザインの1人乗り電動ヘリコプター

航空 エンタメ・イベント

産業用の無人ヘリコプターを手掛けるヒロボーは、国際航空宇宙展の同社ブースに1人乗り有人ヘリコプターのコンセプトモデル『bit(ビット)』を展示している。電動モーター駆動による2重反転ローターを備え、完全自動操縦も可能なモデルだという。

これは同時に発表された電動無人ヘリコプターのコンセプトモデル『HX-1』をさらにブラッシュアップさせたもので、各種センシング技術によって高い安定性と安全性を誇るモデルだ。

2重反転ローターは電気モーター駆動。有人操縦時の制御はフライ・バイ・ワイヤで行うが、完全自律飛行や無人による飛行も可能となっている。デザインは未来的で、眺めているだけでワクワクしてくる。

開発中の機体であり、製品化の時期であるとか、価格などはまだ未定の状態だが、子供の頃からロボット物のアニメを見て育った世代としては、こういうものが空を飛び交う未来を静かに待ちたい。

《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  2. 富士重、ファンボローエアショーに最新型ヘリコプターの模型や無人機を展示

    富士重、ファンボローエアショーに最新型ヘリコプターの模型や無人機を展示

  3. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

    ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  4. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  5. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  6. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  7. ボンバルディア、SWISSに CS100 初号機を納入…営業飛行開始は7月15日

  8. エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

  9. 三菱航空機 MRJ、米国での飛行試験に向け7月以降に出発

  10. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

アクセスランキングをもっと見る