【国際航空宇宙展12】未来的なデザインの1人乗り電動ヘリコプター

航空 エンタメ・イベント

ヒロボーが手掛ける1人乗り電動ヘリコプター『bit』
  • ヒロボーが手掛ける1人乗り電動ヘリコプター『bit』
  • 未来的なデザインも特長のひとつ。
  • 手前にあるのがベースとなった無人ヘリ『HX-1』
産業用の無人ヘリコプターを手掛けるヒロボーは、国際航空宇宙展の同社ブースに1人乗り有人ヘリコプターのコンセプトモデル『bit(ビット)』を展示している。電動モーター駆動による2重反転ローターを備え、完全自動操縦も可能なモデルだという。

これは同時に発表された電動無人ヘリコプターのコンセプトモデル『HX-1』をさらにブラッシュアップさせたもので、各種センシング技術によって高い安定性と安全性を誇るモデルだ。

2重反転ローターは電気モーター駆動。有人操縦時の制御はフライ・バイ・ワイヤで行うが、完全自律飛行や無人による飛行も可能となっている。デザインは未来的で、眺めているだけでワクワクしてくる。

開発中の機体であり、製品化の時期であるとか、価格などはまだ未定の状態だが、子供の頃からロボット物のアニメを見て育った世代としては、こういうものが空を飛び交う未来を静かに待ちたい。

《石田真一》
  • ヒロボーが手掛ける1人乗り電動ヘリコプター『bit』
  • 未来的なデザインも特長のひとつ。
  • 手前にあるのがベースとなった無人ヘリ『HX-1』
  • ラジコンと言うなかれ。各種センシング技術が注ぎ込まれ、非常に高性能だという。
  • bitも電動モーターで駆動する。
  • 操縦はフライ・バイ・ワイヤ。無人飛行や完全自律飛行も可能。
  • 左にパワーレバー。
  • 右にコントロールスティック。
  • 飛行に必要なデータは右顔面の前にあるHUDに投影される仕組み。
  • こんなものが空を飛ぶなんてワクワクする。

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. LATAM、ジカ熱発生地域滞在の妊婦を支援…旅行前の妊婦も

    LATAM、ジカ熱発生地域滞在の妊婦を支援…旅行前の妊婦も

  2. ヤマハ発動機、無人ヘリコプターの寒冷地試験を大樹町で実施

    ヤマハ発動機、無人ヘリコプターの寒冷地試験を大樹町で実施

  3. 南アフリカ航空、ジカ熱感染予防を呼びかけ…サンパウロ線は運航継続

    南アフリカ航空、ジカ熱感染予防を呼びかけ…サンパウロ線は運航継続

  4. JAL、国際線旅客の燃油サーチャージを約7年ぶりに廃止へ…4月発券分から

  5. 三菱重工、 MRJ の開発スケジュール遅延で開発体制を強化へ

  6. 香港国際空港新ターミナルの供用開始へ…LCCバニラエアが発表

  7. 三菱航空機、MRJの飛行試験を2月上旬から再開へ

  8. 無人機ドローン関連ビジネスが続々、専用練習場が今春登場

  9. MRJ、初号機を受領するANAの領収検査に合格

  10. 香港航空、豪クイーンズランド州に向かう便を通年運航化へ…3月27日

アクセスランキングをもっと見る