【CEATEC12】昭和20年代に流行した「バタバタ」が復活

自動車 ビジネス 国内マーケット

昭和20年代にホンダの創業者、本田宗一郎氏が開発して大ヒットした自転車バイク「バタバタ」が長崎県平戸市で復活した。しかも、電動バイクとしてだ。開発したのは従業員10人弱の有安オート。

「うちはもともと自動車整備会社で、ガソリン車から電気自動車への改造なども行っていたのですが、自分が通勤するのに手軽な乗り物が欲しいと、本田宗一郎氏がつくったバタバタをヒントに開発してみました」と有安勝也専務は説明する。

自転車をベースに約1年かけて開発。「Eサイクル」と名付けられた自転車型電動バイクは前輪のインホイールモーターで、バッテリーはリチウムイオンを使用し、重量は25kg。「とにかく軽くしたかった」そうだ。

6時間の充電で約50km走行でき、最高速度は50km/h。ソーラーパネル(1200mm×550mm×35mm)をつけられるようになっており、長距離のツーリングも可能とのこと。また、USBポートも付いているので携帯電話の充電もできる。文字通り、バタバタが現代風の乗り物として蘇ったといえよう。

価格は15万7500円で、今年春から関東圏でも販売を開始しており、これまでに数台売れたという。「まだまだ知名度が低いので、今回のCEATECに初出展し、みなさんに知ってもらいたかった」と有安専務は話し、現在、販路を広げるために代理店を募集しているそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

    富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  3. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

    【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  4. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  5. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  6. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  7. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. キャンピングカー旅行中の食事はどうしてる? 日本RV協会が調査

  10. アウトモビリ・ランボルギーニ、イタリア本社のミュージアムをリニューアル

アクセスランキングをもっと見る