人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

GSユアサ、東武鉄道に回生電力貯蔵装置を納入…省エネにも有効

自動車 ビジネス 企業動向

GSユアサは東武鉄道に1800kW出力(360kW×5ユニット)の回生電力貯蔵装置「E3ソリューションシステム」を納入した。

E3ソリューションシステムは、コンバータとリチウムイオン電池を1ユニットとして構成、5ユニットを並列接続して最大1800kW(ユニット当たり360kW)の電力を吸収・放出する。

同システムは、東武東上線の上福岡駅構内にある上福岡き電区分所に設置、7月に運用を開始した。電車の制動時に発生する回生電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、電車の加速時に貯蔵した電力を供給することで電力を有効活用し、架線電圧を安定化させる。

回生電力の有効活用による架線電圧の安定化は、電車の安全運行の確保を実現するとともに、電車使用電力量の削減による省エネルギー対策に有効な手段となる。東武鉄道は、新型車両導入や、ダイヤ変更によるピーク時の負荷増加への対応として、同システムを導入した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  2. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  3. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  4. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  5. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  6. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  7. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  8. オートバックス、車買取専門店4号店を小金井にオープン

  9. アルパインと日本IBM、自動運転時代を見据えた次世代車載システムを共同開発へ

  10. ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

アクセスランキングをもっと見る