アメリカ軍、MV-22 オスプレイの普天間配備を開始

自動車 社会 政治

一時配備された岩国基地で訓練を行うMV-22 オスプレイ
  • 一時配備された岩国基地で訓練を行うMV-22 オスプレイ
  • 離着陸はエンジンを上向きにして、ヘリコプターと同様の挙動で行う。
  • 順航時はエンジンを前傾させ、飛行機と同じような挙動となる。
在日アメリカ軍(海兵隊)は1日、沖縄県にある普天間基地に対し、垂直離着陸が可能な輸送機『MV-22 オスプレイ』の配備を開始した。一時的に配備されていた山口県の岩国基地から同日朝に移動を開始。約2時間で沖縄に到着した。

MV-22 オスプレイは垂直離着陸が可能な輸送機で、離着陸時はエンジンを上向きにしてヘリコプターのように。順航時は前向きにして飛行機のように飛ぶことができるという、ヘリコプターと通常の航空機の性質を併せ持つもので、既存のヘリコプターを置き換える目的で開発がスタート。先行開発機は1989年3月に初飛行した。

しかし、開発中から事故が相次いだことで「未亡人製造機(ウィドウメーカー)」と揶揄される時期もあり、2000年の実用化以後も5件が墜落事故が発生している。

普天間基地への配備は以前から決定していたが、今年に入ってから相次いで2件発生した墜落事故の影響もあり、日本政府がアメリカ軍に対して安全性の確認を要求。12機が船で輸送され、岩国へ陸揚げされたが、しばらく飛行が許可されない状態が続いていた。

岩国での試験飛行は9月21日から1週間のスケジュールで実施。当初は28日から移動が開始される予定だったが、台風回避のため第一陣の6機は1日に移動となった。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. ランボルギーニ アヴェンタドール が大炎上…原因はエンジン空吹かしか[動画]

    ランボルギーニ アヴェンタドール が大炎上…原因はエンジン空吹かしか[動画]

  2. 国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

    国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

  3. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

    熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  4. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  5. 伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

  6. 堤防道路から滑落したクルマから自力脱出するも、運転者が死亡

  7. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  8. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  9. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  10. 右折バイクと衝突、逮捕された直進車の運転者は酒気帯び状態

アクセスランキングをもっと見る