ZMPと米ゲッコーシステムズ、自律移動サービスロボット技術評価を実施

自動車 ビジネス 企業動向

ロボットプラットフォームBaseBot
  • ロボットプラットフォームBaseBot
  • 技術評価メンバーとBaseBot
ZMPと米ゲッコーシステムズ(GSIC)は、ZMPがGSICの基本技術ロボットプラットフォーム「BaseBot(愛称:Lou)」の技術評価を成功裡に終えたことを発表した。

ZMPとGSICは、相互技術交流や日米及び世界各国における共同マーケティングを開始する旨の覚書を締結し、協業を進めている。今回、第1段階として、ZMPはGSICの基本技術ロボットプラットフォーム「BaseBot」の技術評価を行った。

BaseBotは、外界センサとしてキネクトを搭載した高さ約100cmの車輪型ロボットプラットフォーム。両社は、自律移動サービスロボットに必要となる基本的なハードウェア、ソフトウェアを装備しており、完成度の高い優れたソフトウェアによって構成されていることを確認した。

GSICではBaseBotをベースとし、より高度なナビゲーションと洗練されたユーザインタフェースを搭載したフラッグシップモデル「CareBot」もラインナップ。CareBotは高齢者の生活支援を主用途としており、日本国内においても活躍が期待されるため、ZMPでは、CareBotも含めマーケティングを進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》
  • ロボットプラットフォームBaseBot
  • 技術評価メンバーとBaseBot

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. スズキ長尾常務、トヨタのダイハツ完全子会社化「営業、技術に影響」

    スズキ長尾常務、トヨタのダイハツ完全子会社化「営業、技術に影響」

  2. いすゞ、新型 D-MAX がタイで約3万台の受注残…現地で増産に乗り出す

    いすゞ、新型 D-MAX がタイで約3万台の受注残…現地で増産に乗り出す

  3. VW、品質管理部門の責任者が退職…排ガス問題で引責か

    VW、品質管理部門の責任者が退職…排ガス問題で引責か

  4. 【カストロール ネクセル 前編】オイル交換が90秒で可能に…画期的システム、市販車への適用は

  5. 【ギフトショー16】リモコンで遠隔操作できる子供用電動車、タブレットも装備

  6. トヨタのエアバッグリコール、米国に拡大…32万台が対象

  7. いすゞ川原専務、日野とのバス合弁会社の生産能力増強を検討…受注好調で

  8. マヒンドラのインド販売10%増、SUVが好調…1月

  9. 【大阪オートメッセ16】三菱 アウトランダーPHEV & デリカ、アクティブなカスタマイズモデル

  10. スズキ長尾常務「インド上向き基調も、国内は良い材料見つかりにくい」

アクセスランキングをもっと見る