ZMPと米ゲッコーシステムズ、自律移動サービスロボット技術評価を実施

自動車 ビジネス 企業動向

ロボットプラットフォームBaseBot
  • ロボットプラットフォームBaseBot
  • 技術評価メンバーとBaseBot
ZMPと米ゲッコーシステムズ(GSIC)は、ZMPがGSICの基本技術ロボットプラットフォーム「BaseBot(愛称:Lou)」の技術評価を成功裡に終えたことを発表した。

ZMPとGSICは、相互技術交流や日米及び世界各国における共同マーケティングを開始する旨の覚書を締結し、協業を進めている。今回、第1段階として、ZMPはGSICの基本技術ロボットプラットフォーム「BaseBot」の技術評価を行った。

BaseBotは、外界センサとしてキネクトを搭載した高さ約100cmの車輪型ロボットプラットフォーム。両社は、自律移動サービスロボットに必要となる基本的なハードウェア、ソフトウェアを装備しており、完成度の高い優れたソフトウェアによって構成されていることを確認した。

GSICではBaseBotをベースとし、より高度なナビゲーションと洗練されたユーザインタフェースを搭載したフラッグシップモデル「CareBot」もラインナップ。CareBotは高齢者の生活支援を主用途としており、日本国内においても活躍が期待されるため、ZMPでは、CareBotも含めマーケティングを進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》
  • ロボットプラットフォームBaseBot
  • 技術評価メンバーとBaseBot

注目の記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…トランスミッションを内製する理由と、開発の目的

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…トランスミッションを内製する理由と、開発の目的

  2. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その1…世界に誇る鋳造技術、マツダ中関TM工場

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その1…世界に誇る鋳造技術、マツダ中関TM工場

  3. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その2…モノ造り革新の成果は、工場全社員の意識改革

    【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その2…モノ造り革新の成果は、工場全社員の意識改革

  4. 駐車場ビジネスに自動運転がどう活きるか…パーク24とZMPが実証実験

  5. アイシン、展示館「コムセンター」をリニューアルオープン

  6. リサイクル燃料でデロリアンを走らせる、BTTF誕生30年記念プロジェクト

  7. 「乗りたいベンツ」コンテスト、最優秀デザイン車両が完成…ヤナセ100周年

  8. 「剥がしやすさ」がタイヤピットの現場を変える… マルエム製 新バランスウェイト

  9. 日立建機、超小旋回型ミニショベル3機種をモデルチェンジ…新エンジン採用

  10. 三菱自動車、アウトランダーPHEV好調で国内販売が14か月ぶりのプラス…7月実績

アクセスランキングをもっと見る