【東京ゲームショウ12】コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
9月20日から23日まで、幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2012にて、コードマスターズが10月4日に発売を予定しているF1レースゲーム『F1 2012』がプレイアブル出展した。

試遊台が設置されている場所はセガのブース内で、会場には3台の「Playseat」製レーシングドライバーシートとステアリングコントローラーが配置された。初日はビジネスデイだったにもかかわらず多くのレースゲームファンが訪れ、体験者だけがプレゼントされるネックストラップを持ち帰った。混雑時はあらかじめ選択されているドライバーとコースをプレイすることになるが、空いている時間帯は体験者がドライバーやコースを選択可能だった。F1 2012の価格は7770円。

また、同社が手がけるもうひとつのF1ゲーム『F1 RACE STARS』も出展された。こちらはデフォルメされたかわいいドライバーが登場するレースゲームで、小さな子どもから大人まで遊べる作品。オフラインでは最大4人、オンラインでは最大12人まで対戦が可能。本作は画面がコミカルなため、一見すると子供向けのゲームのような印象を受ける。しかしドライバーが実名で登場したり、KERSやペースカーなどのシステムが組み込まれていたりするのでF1ファンも楽しめる。発売日は12月13日で価格は7140円。

なお、どちらのゲームも対応機種はPlayStation3とXbox 360。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【グッドウッド16】マクラーレン P1 GTR に公道版「LM」…ヒルクライムで市販車最速

    【グッドウッド16】マクラーレン P1 GTR に公道版「LM」…ヒルクライムで市販車最速

  2. 中高生のレース参加、公休判断が選手育成で課題...AJ吉田会長

    中高生のレース参加、公休判断が選手育成で課題...AJ吉田会長

  3. タミヤ、新型RCカーシャシーを発売…チューニング幅と「カスタマイズする楽しさ」を拡大

    タミヤ、新型RCカーシャシーを発売…チューニング幅と「カスタマイズする楽しさ」を拡大

  4. ディーゼルに乗ってみました!!…『BMWミニマガジン』 Vol.11

  5. 【鈴鹿8耐】チームフロンティア、参戦体制を発表…小山知良、山田誓己を起用

  6. 関東の大学生たちがダートラで泥まみれの激闘…男子は東大、女子は青学が優勝

  7. 【新聞ウォッチ】報酬1億円以上の役員414人、最高は64億7800万円のソフトバンク前副社長

  8. 【鈴鹿8耐】ヨシムラスズキShell ADVANCE、芳賀紀行を第3ライダーに起用

  9. メルセデスベンツ、ビアテラスを東京で開業…サッポロビールとコラボ、7月1日から

  10. 【パイクスピーク16】ルマン勝者、デュマ選手が制す…エンジンはホンダ製

アクセスランキングをもっと見る