【東京ゲームショウ12】コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
9月20日から23日まで、幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2012にて、コードマスターズが10月4日に発売を予定しているF1レースゲーム『F1 2012』がプレイアブル出展した。

試遊台が設置されている場所はセガのブース内で、会場には3台の「Playseat」製レーシングドライバーシートとステアリングコントローラーが配置された。初日はビジネスデイだったにもかかわらず多くのレースゲームファンが訪れ、体験者だけがプレゼントされるネックストラップを持ち帰った。混雑時はあらかじめ選択されているドライバーとコースをプレイすることになるが、空いている時間帯は体験者がドライバーやコースを選択可能だった。F1 2012の価格は7770円。

また、同社が手がけるもうひとつのF1ゲーム『F1 RACE STARS』も出展された。こちらはデフォルメされたかわいいドライバーが登場するレースゲームで、小さな子どもから大人まで遊べる作品。オフラインでは最大4人、オンラインでは最大12人まで対戦が可能。本作は画面がコミカルなため、一見すると子供向けのゲームのような印象を受ける。しかしドライバーが実名で登場したり、KERSやペースカーなどのシステムが組み込まれていたりするのでF1ファンも楽しめる。発売日は12月13日で価格は7140円。

なお、どちらのゲームも対応機種はPlayStation3とXbox 360。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 正攻法×裏ワザで賢くクルマを買う!…ザ・マイカー 2016年7月号

    正攻法×裏ワザで賢くクルマを買う!…ザ・マイカー 2016年7月号

  2. トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

    トヨタ タンドラ で走行160万km…顧客にサプライズプレゼント

  3. マツダ女性レーサー育成プロジェクト、1期生が連続表彰台を獲得

    マツダ女性レーサー育成プロジェクト、1期生が連続表彰台を獲得

  4. 2日間で11レースが楽しめるワンメイクレース祭り…6月4日・5日 富士

  5. 【JNCC 第4戦】神業の激速ダウンヒルで、斉木達也が今季2勝目

  6. 【JNCC 第4戦】斉木達也がポイントリーダーに…爺ガ岳に衝撃[写真蔵]

  7. 【新聞ウォッチ】三菱自の開発部門テコ入れ、日産の山下光彦元副社長に白羽の矢

  8. 【昭和のクルマを守る集い16】レアな存在、“修正後”のブルーバード 1300 SS

  9. 「カーグラTV」風に古谷徹が紹介…『PROJECT CARS PE』最新トレイラー公開

  10. 【第100回インディ500】佐藤琢磨、好感触の予選12位「これまでで最も素晴らしいマシン」

アクセスランキングをもっと見る