人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【東京ゲームショウ12】コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
  • コードマスターズ、F1ゲーム2点を先行展示(東京ゲームショウ12)
9月20日から23日まで、幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2012にて、コードマスターズが10月4日に発売を予定しているF1レースゲーム『F1 2012』がプレイアブル出展した。

試遊台が設置されている場所はセガのブース内で、会場には3台の「Playseat」製レーシングドライバーシートとステアリングコントローラーが配置された。初日はビジネスデイだったにもかかわらず多くのレースゲームファンが訪れ、体験者だけがプレゼントされるネックストラップを持ち帰った。混雑時はあらかじめ選択されているドライバーとコースをプレイすることになるが、空いている時間帯は体験者がドライバーやコースを選択可能だった。F1 2012の価格は7770円。

また、同社が手がけるもうひとつのF1ゲーム『F1 RACE STARS』も出展された。こちらはデフォルメされたかわいいドライバーが登場するレースゲームで、小さな子どもから大人まで遊べる作品。オフラインでは最大4人、オンラインでは最大12人まで対戦が可能。本作は画面がコミカルなため、一見すると子供向けのゲームのような印象を受ける。しかしドライバーが実名で登場したり、KERSやペースカーなどのシステムが組み込まれていたりするのでF1ファンも楽しめる。発売日は12月13日で価格は7140円。

なお、どちらのゲームも対応機種はPlayStation3とXbox 360。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

    【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

  2. マクラーレンのPHVスーパーカー、P1 で通勤…日本人弁護士[動画]

    マクラーレンのPHVスーパーカー、P1 で通勤…日本人弁護士[動画]

  3. 【新聞ウォッチ】運転中の「ポケモンGO」で国内初の死亡事故

    【新聞ウォッチ】運転中の「ポケモンGO」で国内初の死亡事故

  4. 東洋ゴム、モータースポーツ用ラジアルタイヤ PROXES R888R を発売

  5. 【新聞ウォッチ】お待たせ「ミライ」販売開始、受注1000台…納車に2年待ち

  6. 【SUPER GT】脇阪寿一監督「表彰式の景色はたぶん日本で最もルマンに近い」…鈴鹿1000km直前インタビュー後編

  7. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  8. アブダビ警察の日産 GT-R、フェラーリ 458 を追撃[動画]

  9. 【新聞ウォッチ】仏ルノーにも排出ガスの不正疑惑が浮上

  10. 【SUPER GT】脇阪寿一監督「特等席から語るこのシリーズの面白さ」…鈴鹿1000km直前インタビュー前編

アクセスランキングをもっと見る