住友三井オートサービス、OBD対応車載機のリース販売を開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

住友三井オートサービスは、自動車の走行に関する情報提供サービス(テレマティクス)をリアルタイムに行うための車載機「スマート ドライブ」を開発し、11月からリース販売を開始する。

新製品は、従来の車載機「ドクター アドバイス」の機能に加えて、自動車の車載式故障診断装置であるOBDなどに接続することで、エンジン故障情報、バッテリー電圧低下情報などを取得。その情報をドライバーに通知することで、路上での故障抑制や早期故障対応を促進する機能を備えている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェミュージアム、累計来場者300万人…7年で達成

    ポルシェミュージアム、累計来場者300万人…7年で達成

  2. ショーワ、四輪事業低迷などで大幅減益…2016年3月期決算

    ショーワ、四輪事業低迷などで大幅減益…2016年3月期決算

  3. 日立グループ、無線通信で車載ECUソフトウェア更新可能なソリューションを開発

    日立グループ、無線通信で車載ECUソフトウェア更新可能なソリューションを開発

  4. 理論のヒントは「イニD」? マツダ G-VECTORING CONTROL 、“違和感ない制御”の秘密

  5. 豊田合成、売上高は過去最高も為替差損の影響で経常減益…2016年3月期決算

  6. FCC、四輪車用クラッチ好調ながら為替差損で税引前利益が減益…2016年3月期決算

  7. 【鈴木亜久里インタビュー】カストロールはエルメスやアルマーニと同じ、信頼されるものが残る…後編

  8. マツダ「G-VECTORING CONTROL」、派手ではないがこだわりつまった新技術

  9. 三菱自と日産の軽自動車、販売再開は早くて7月に

  10. 三菱の燃費不正、米国法人が声明…「米国仕様に影響なし」

アクセスランキングをもっと見る