ダイハツが2002年に販売を開始した軽オープンカー『コペン』。軽自動車としては世界初の電動開閉式ルーフを備えるなど、根強い人気を誇っていた同車の生産が8月31日をもって終了する。

コペンの生産終了がアナウンスされたのは4月2日。同時に発売された特別仕様車「10th アニバーサリーエディション」は、発売後わずか2週間足らずでオーダーストップするほどの売れ行きを見せたという。現在は、通常モデルを含むほとんどの在庫車が予約完売しており、今後新車でコペンを手に入れるためには、キャンセル待ちに期待するしかない状態となっている。

同社広報部は、コペン生産終了の理由を「少量生産でありながら販売台数が減少してきたことから、発売から10周年という節目を迎えたこのタイミングでの生産終了を決断した」と説明する。実際に、最上級グレードで200万円を超すなど軽自動車としては最も高額な価格帯に位置するコペンは、大きな販路を見出しにくかった。

また、同社広報部は「(生産終了とは)直接の関係はない」としたものの、一旦コペンの生産を打ち切ることで、後継モデルに向けて開発陣の一新を図ったとの声も聞かれる。その真偽は定かではないが、昨年の東京モーターショー11ではコペンの後継車とも思われる『D-X』が展示されるなど、ダイハツは新たな小型スポーツカーの開発に着手していることは間違いないようだ。

現役唯一の「軽オープンカー」として、販売実績以上にわれわれの記憶に残るコペン。次期型を見据えつつ、間もなくその生産が終了する。
《瓜生洋明》