人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

あさひ、PB電動アシスト自転車を発売…前輪にモーター搭載

自動車 ビジネス 国内マーケット

あさひ、PBハイブリッド電動アシスト自転車「エナシス エルピュール」
  • あさひ、PBハイブリッド電動アシスト自転車「エナシス エルピュール」
  • あさひ
あさひは、同社初となる、プライベートブランド(PB)のハイブリッド電動アシスト自転車『エナシス』シリーズを発表。第1弾『エナシス エルピュール』を8月11日から全国のサイクルベースあさひで販売を開始する。

新製品は、年間120万台を超えるサイクルベースあさひの販売実績から得たユーザーの声を反映し、初心者でもすぐに扱えるシンプルさと基本性能を追求。前輪軸に搭載されたモーターで前輪を駆動し、ペダルを漕いで後輪を駆動する両輪駆動型ハイブリッド電動アシスト自転車となっている。

モーター電動ユニットは、カメラ用シャッターの世界的メーカーで精密小型モーターでも高い実績を持つ日本電産コパルと共同開発。業界トップクラスの高出力・高耐久を実現し、パワフルでスムーズなアシスト走行を可能としている。

バッテリー部分は、長寿命かつ信頼の高いNEC製高性能ラミネート型リチウムイオン電池を採用。容量は7Ahで、最大30kmの走行が可能。シンプル設計を基本に、走行時のアシストモードは「強」「標準」の2モード切替。ハンドル左側に配置されたスイッチパネルで、走行時もバッテリー残量の確認ができる。

カラーはレッド、ホワイト、ブラウン、ブラックの4色。価格は7万9800円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  3. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  4. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  5. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  6. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  7. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  8. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  9. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

  10. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

アクセスランキングをもっと見る