あさひは、同社初となる、プライベートブランド(PB)のハイブリッド電動アシスト自転車『エナシス』シリーズを発表。第1弾『エナシス エルピュール』を8月11日から全国のサイクルベースあさひで販売を開始する。

新製品は、年間120万台を超えるサイクルベースあさひの販売実績から得たユーザーの声を反映し、初心者でもすぐに扱えるシンプルさと基本性能を追求。前輪軸に搭載されたモーターで前輪を駆動し、ペダルを漕いで後輪を駆動する両輪駆動型ハイブリッド電動アシスト自転車となっている。

モーター電動ユニットは、カメラ用シャッターの世界的メーカーで精密小型モーターでも高い実績を持つ日本電産コパルと共同開発。業界トップクラスの高出力・高耐久を実現し、パワフルでスムーズなアシスト走行を可能としている。

バッテリー部分は、長寿命かつ信頼の高いNEC製高性能ラミネート型リチウムイオン電池を採用。容量は7Ahで、最大30kmの走行が可能。シンプル設計を基本に、走行時のアシストモードは「強」「標準」の2モード切替。ハンドル左側に配置されたスイッチパネルで、走行時もバッテリー残量の確認ができる。

カラーはレッド、ホワイト、ブラウン、ブラックの4色。価格は7万9800円。
《纐纈敏也@DAYS》