自動車用ヘッドアップディスプレイ市場、2021年には10倍に

自動車 ビジネス 企業動向

テクノ・システム・リサーチは『Head Up Display Market Research 2011-2012』を発刊し、2011年のヘッドアップディスプレイ(HUD)に関する市場規模を発表した。

HUDは、フロントウインドウなど、人間の視野に直接情報を映し出す仕組み。当初、戦闘機用に導入されたが、その後、自動車分野をはじめ、多方面へ応用が進んでいる。2012年5月には、パイオニアが世界で初めてカーナビゲーションシステムに採用した。

調査結果によると、2011年の自動車に搭載されるHUDの数量規模は前年比約140%成長し、69万ユニットとなり、金額規模では2億4500万米ドル(約195億円)となった。

同社では、今後は次世代HUD、Embedded and Small Projector(超小型プロジェクター)の技術を応用展開した製品開発が進み、2014年頃には市場投入が開始されると予測。欧州を中心に安全走行システムの導入が進み、それと共にHUDの搭載率も増加。2021年までに HUD市場は約700万ユニットとなり、2012年の市場規模から約10倍へ成長すると予測している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  3. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  4. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  6. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  7. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  8. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

  10. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

アクセスランキングをもっと見る