ホンダ、ダカールラリー参戦を発表…23年ぶり4名体制 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ、ダカールラリー参戦を発表…23年ぶり4名体制

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ホンダは2日、二輪車で「ダカールラリー2013」のモト部門にワークス参戦すると発表した。参戦車両は『CRF450X』をベースにしたプロトタイプマシン、ホンダがワークス参戦するのは23年ぶりとなる。

チーム名は「Team HRC」で、参戦ライダーは、昨年のダカールラリー2012で3位入賞のヘルダー・ロドリゲス選手をはじめ、モトクロスやエンデューロレースの経験豊富なフェリペ・ザノル選手、サム・サンダーランド選手、ジャビエ・ピゾリト選手の4名。

ホンダは過去ダカールラリーの前身「パリ・ダカール・ラリー」のモト部門に1981年から89年までの9年間参戦し、5回の優勝を果たしている。

ホンダ・レーシングの鈴木哲夫代表取締役社長は「一日に数百kmを走破し2週間以上におよぶこのレースには、現在参戦中のモトクロスやトライアル、ロードレースなどとは全く違う要件のマシン作りが求められています。ホンダは、総力を挙げて強くて勝てるマシンを開発し、参戦初年度から優勝を目指します」とコメントしている。

今回参戦するダカールラリー2013の正式名称は「ダカールラリー2013・ペルー・アルゼンチン・チリ」で、南米のアルゼンチン、チリ、ペルーを縦断して実施され、2013年1月5日から1月20日までの期間、総距離8000km以上を走破する予定。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品