現在、世界で唯一のロータリーエンジン搭載車、マツダ『RX-8』。同車の生産が22日、終了したことが分かった。

マツダは2011年10月、RX-8の生産を2012年6月に終了すると発表。ファイナルモデルとして、「SPIRIT R」を限定1000台でリリースした。

このSPIRIT Rは、ファンから絶大な支持を集めた。当初計画の1000台を上回る受注を獲得したのだ。そこでマツダは2012年4月、1000台の追加生産を発表している。

22日夜、マツダの広島・宇品本社工場において、RX-8の最終モデルがラインオフ。マツダによると、関係者だけが集まってささやかな記念式典を行い、静かに生産を終えたという。

今回、生産を終えたロータリー車だが、マツダの山内孝 社長兼CEOは次世代ロータリーの開発は継続することを明言。水素ロータリーやレンジエクステンダー用エンジンなど、ロータリーの様々な可能性が模索されている。
《森脇稔》