【ユーロNCAP】自動緊急ブレーキを安全性評価の基準に…2014年から

自動車 テクノロジー 安全

自動緊急ブレーキのイメージ
  • 自動緊急ブレーキのイメージ
  • ボルボ「ヒューマンセーフティ」…歩行者を検知し35km/h以下の場合、自動ブレーキにより可能な限り衝突の回避をおこなう
  • 歩行者衝突の回避・軽減を実現するボルボの自動ブレーキシステム「ヒューマン・セーフティ」
欧州で唯一、公的な衝突安全テストを実施しているユーロNCAPコンソーシアム。同団体が2014年から、安全性評価の基準として、新たな装備を加えることが分かった。

これは13日、ユーロNCAPコンソーシアムが明らかにしたもの。2014年の安全テストからは、自動緊急ブレーキの装備の有無が、新たな安全性評価の基準に加わることが告げられたのだ。

自動緊急ブレーキは、衝突を避けられないと判断した場合、ドライバーに代わって車両が自動的にブレーキをかけるシステム。すでに一部の新車に標準化、またはオプション採用する動きが広がっている。

ユーロNCAPコンソーシアムによると、自動緊急ブレーキによって最大で27%、事故の発生を減らすことができるという。しかし、欧州で販売されている新車の79%に自動緊急ブレーキが用意されておらず、自動車メーカーで見ると、全体の66%が自動緊急ブレーキを設定していないのが現実。

今回の発表は、ユーロNCAPのテストにおいて、最高評価の5つ星を得るためには、2014年からは自動緊急ブレーキの装備が求められることを示唆したものと受け取れる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  2. メルセデス Cクラス に簡単装着…FOCALから専用スペシャル・スピーカーキット登場

    メルセデス Cクラス に簡単装着…FOCALから専用スペシャル・スピーカーキット登場

  3. 【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイで「フルデジタルサウンド」を体感…クラリオン

    【SUPER GT 第2戦】富士スピードウェイで「フルデジタルサウンド」を体感…クラリオン

  4. 「小さな命を守りたい」開発者の想いが生んだ、車の“見えない”を減らす富士通テンの技術

  5. デモカー製作者が語る…クラリオン『Full Digital Sound』の革新性と期待値

  6. 【GARMIN VIRB-J XE インプレ後編】動画&OBDデータで実現する、クルマの新しい楽しみ方

  7. クラリオンとVGJ、 ゴルフ / ヴァリアント 向け駐車支援カメラシステムを共同開発

  8. ダイハツ ムーヴに「楽ナビ」取付けてみた…思わぬ所に落とし穴も?

  9. 【GARMIN fenix 3J インプレ前編】アウトドアフィールドから進化を遂げたスマートウォッチ

  10. 三菱重工、国内ETC車載器事業を古野電気に譲渡

アクセスランキングをもっと見る